HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


ストックフォトとは何か?いつ、誰が、どのように使うのか?ついでに2015年1月ストックフォトの売り上げ報告

ストックフォトとは何か?いつ、誰が、どのように使うのか?ついでに2015年1月ストックフォトの売り上げ報告

「写真なんて売れるの?」「なんで売れるの?」「誰が買うの?」「買う価値あるの?」など、アンテナの違う人にははなかなか説明しづらいストックフォトという業態ですが、以下例を挙げて説明してみます。

ストックフォトとは

例えば、何かしらのイメージを作成しなければいけない案件があったとして。では、それを自社で制作しよう、となった場合。ざっくりとした流れは、1. 企画立案、2. イメージへの落とし込み、3. モデルさん・被写体・カメラマンの確保、4. スケジュール調整、5. 屋内ならスタジオの確保、屋外ならロケハン + 天気予報とにらめっこ、6. 撮影立ち会い、編集、納品。といった流れになると思うのですが、動く人員数・期間からして、軽く見積もっても数十万円の規模になっちゃいます。なので、それだけの時間とコストをかける余裕がない場合、それに近い出来合いのイメージを安価に購入した方が、形となって世に出るには、遥かに近道なワケです。

つまり、市場が欲しているイメージを先回りして、まだ頼まれてもいないイメージが商品として陳列されているところがストックフォトです(昔はライブラリーとも言ったのかな?)。もちろん、ブランドイメージを重視する企業はほとんど利用しません。Apple なんかは絶対に使わないでしょう。

で、そこにこまごまと出品しているのが私たちのような個人フォトグラファーだったりします。参考までに今まで使用してもらった例を以下に数点紹介します。

アプリのイメージとして

ニュース記事の画像として

商品紹介のアイキャッチとして

どうでしょうか。なんとなく仕組みがご理解いただけたでしょうか。

出品する側になって良かったと思う点

何せ世の中には無数のニーズがあり、また、自分にしか作り出せない写真がたくさん存在することに気付きます。すると、おおよそ五感から入ってくる情報すべてがヒントであり、材料であり、刺激になるんです。その副作用として、ヒマで何していいか分からない時間が無くなります

しこしこ作り上げ、実売に繋がった時、なんかこう、ドバっと脳汁が出ます。売れないときはショボーンですが。本当に素敵な時代に生まれたなぁと思います。

2015年1月のストックフォト収入合計は $577。内訳は gettyimages:$501、 fotolia:$52、iStockphoto:$1、PIXTA:$23、Dreamstime:0。

コメント: 0

女性のモデルさん募集します

女性のモデルさん募集します

彼は部屋に入った。床に10輪ほどガーベラが転がっていた。ピンク、ピンク、オレンジ、黄色、山吹色。ヒンズー色の強いバリの道端のようだ。

「毎日たいへんだね。」
「そうでもないわ。あなたの髭剃りのほうが大変そうよ。」

ぱちん、ぱちん、と赤ん坊の手をつまむように、茎をハサミで切りながら素っ気なく応えた。床にはたはたポタポタと茎が落ちる。その振動で花びらもひたりと落ちる。
口に咥えたり、髪に挿したり。鞄にぎゅうぎゅうにつめこむ。そのままゴミ箱に捨てたり、飲み込んでしまう日もあるようだ。

窓からは大型ビジョンに映った広告映像が見える。永平寺の渡り廊下に敷き詰められたカラフルな花の上を女優が裸足で踏み歩いている。

「ねえ」
「なんだろう?」
「当たり前が当たり前じゃない世界ってどんなかしらね?」

道具ひとつ必要としないバナナ。心のバナナ。あいつのあの子のバナナ。山のように積まれたむき出しバナナの上を裸足で歩いた方が楽しいよね。彼はそう答えようとして顔と視線を床に落とした。

バリの小道が甘い匂いを放っている。

のような世界観を写真に収める所存です。20〜30歳の女性を募集してます。東京近郊、又は静岡県東部にお住まいの方、お気軽に連絡ください。xjrshimada[cyclone]gmail.com

コメント: 0

ISIS 騒動に先駆ける成毛眞氏のコラムが秀逸すぎて

ISIS 騒動に先駆ける成毛眞氏のコラムが秀逸すぎて

思想はアートの前では脆いものだ。もしかすると、対立する党派に対して最も有効な戦略は、相手側をポップアート化することなのかもしれない。イスラム教徒が神の偶像化を嫌うのもそのあたりにあるのだろうか。

クーリエ・ジャポン 124号に掲載されている成毛眞氏のコラムより抜粋。タイトルは『もしも革命家がブサイクだったら』。レーニンやスターリンと思想を同じとするチェ・ゲバラが、アイコンとなり、革命がアートとファッションに転化した、というくだりなのだけど。下書き書いたのいつなんだろう。普段どういうインプットを心がければこういった考えに至るのだろう。

今回の騒動をもんやりと吟味させてくれる考え方だなぁとしみじみ。戦争を経験していなかったり、若かったり、思想の極傾もあるのだろうけど、世に流通する情報としてアウトプットされ定着してしまったからには、それは日本人OS が出した答えなんだろな。

コメント: 0

 2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   201   202   203   204   205   206   207   208   209   210   211   212   213   214   215   216   217   218   219   220   221   222   223   224   225   226   227   228   229   230   231   232   233   234   235   236   237   238   239   240   241   242   243   244   245   246   247   248   249   250   251   252   253   254   255   256   257   258   259   260   261   262   263   264   265   266   267   268   269   270   271   272   273   274   275   276   277   278   279   280   281   282   283   284   285   286   287   288   289   290   291   292   293   294   295   296   297   298   299   300   301   302   303   304   305   306   307   308   309   310   311   312   313   314   315   316   317   318   319   320   321   322   323   324   325   326   327   328   329   330   331   332   333   334