HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


googlemapも凄いのですが、ロケーションビューも相当ヤバいです

HDR(ハイダイナミックレンジ)googlemapも凄いのですが、ロケーションビューも相当ヤバいですriver03.jpg

カメラ:D40、 レンズ:SIGMA 10-20mm F4 EX DC HSM、ISO:200、絞り優先、ブラケット:-3〜+1、ホワイトバランス:AUTO

関連写真

  • ハムスタースポット越中島公園・石川島公園・パリ広場@月島
  • トリビル@芝浦東京
  • 越中島公園の夜景@月島
  • どんどん出来るアトラスタワー@中目黒
  • ワシントンホテルレーザービーム@東京ビッグサイト
  • クレーン@中目黒

巷ではgooglemapのストリートビューが騒がれていますが、ロケーションビューも結構凄いです。
ゲストログインで地図を見れますが、googlemapにはない、マウスホイールでのシームレス移動が可能です。もちろん都内のみですが。

プラグイン選択制や、UIこそ散らかっているものの、人類史上No.1の成長率を誇る会社の資本力に比べれば、ボウフラみたいな資金でよくここまでのモノが作れたものだと感心します。余程スーツとギークの連携がとれてないと、こんなん作れないよ。

ただ、皆で「ココにコレがあってな〜」やいのやいのというアドレス張りっこができないのがlocationviewの残念なところ。googlemapはこんなふうに手軽に共有できちゃう。

で、今日の写真の撮影場所を探して比較してみました。locationviewはものすごい広角なので、収差が大きい。ただ写真のクオリティはgooglemapに軍配があがるところ・・・

カメラ(or携帯電話)とGPSを連携して、即座に撮影した位置情報がこういったストリートビューで展開できると、待ち合わせの際、例の男女における地理感覚表現の違いでモメることもなくなるのでしょうね。フムフム。

追記1:写真の「googlemap」にスペルミスがありますが気にしないで下さい。ごみん。
追記2:niさんのコメントにより、locationviewでもURLを貼れることが発覚しました。再度すみませぬ。

撮影環境・雑多品

Nikkor AF-S Micro 60mm F2.8G ED

ブツ撮りはコレ一本あればいいと今は思ってるNikkor 60mm単焦点。D40でもオートフォーカスが使える超音波モーター。本当、フルサイズ機になってますます使い勝手が良くなりましたこのレンズ。ナノクリスタルコート。

関連記事

コメント: 6

ni 

ロケーションビューもURLのリンクとブログパーツもありますよ~
http://www.locaview.com/lvs/d.aspx?sid=A11f2s10T13A4xAxioXmDai4V3wHVPND2nA

HDRiな生活 

>niさん
あぁっ、ホントだ!
ご指摘ありがとうございます!

今後は精査して掲載するよう勤めますので、なにとぞなにとぞ~。

ロケーションビューガイド 

ロケーションビューネタありがとうございます。
ストリートビューは、絵が綺麗ですね。
ロケーションビューは、ドライブする機能がいろいろ付いていてますので走り屋向きかも。
それから、東京以外のエリアも撮影してますので、ストリートビューでは見れないところも楽しめますよ。

ロケーションビューガイド
http://locationview.blog95.fc2.com/

HDRiな生活 

>ロケーションビューガイドさん
あぁっ、ひょっとして中の方ですね。
稚拙なサイトですがようこそ。

そうですね、何せほぼシームレスに道路を追っていけるので、その点はロケーションビューさんに軍配が上がりますね。

googlemapもすでに展開しているのですが(とはいえpanoramioに登録しないといけない)、個人のフォトグラファーが、スポットスポットで今回のような写真をアップできるシステムがあったら、凄くモチベーション上がると思います。観光する方も、「ココにこんな素敵な景色があるんだ!」と伝わりますしね。

今後の発展をお祈りしております。
ありがとうございました。

junki 

こんばんは。

このエントリに刺激を受けて、googlemap のストリートビューについて真似してみました。

http://blog.goo.ne.jp/junki560/e/4fe383d6ed45b888c7b6a4a8ee7841d4

ほんとにすごいですね。感動しました。

HDRiな生活 

>junkiさん

junkiさんの写真だと焦点距離具合がgooglemapと酷似していますね。
まだまだ可能性を秘めていると思いますので、ちょこちょこ念頭に置きながら撮影していきます〜。