HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


自宅でできるローパスフィルター清掃

自宅でできるローパスフィルター清掃

関連写真

  • プログラマ、デザイナの作業環境に電話を置くとライフがゼロになります
  • D700 用の RRS プレート差し上げます
  • Pentacon SIX TL を修理してもらいました
  • 画素数天下とブロードバンド速度の共通点
  • ヨコハマポートフォリオレビューに参加してきます。
  • ストックフォト12月分の収入公開〜

先日Nikonサロンにてローパスフィルターの清掃講習を受けてきました。で、以下のポイントをしっかり押さえれば、素人でも簡単に手入れできますのでご紹介。

必要なもの

基本的に上記のクリーニングキット付属のCDを見れば、詳細な動画がありますので、おおまかな流れはそちらに任せます。今回はCDでは説明してないことをまとめました。

重要なコツ3つ

  1. シルボン紙の巻き方を最低10枚は練習すべし!
  2. エタノールは含ませすぎない!
  3. 1回では奇麗にならない!焦らずに複数回プロセスを繰り返すこと。

1.シルボン紙の巻き方のコツ

下図のように、スティック先端(破って断面を露出させてます)から5mmくらいハミ出すようにきっちり巻くこと。特に先端部分は手で触りすぎないこと。ローパスを拭くときは、この先端の5mmのシルボン紙の弾力のみで拭くこと。
シルボン紙を巻いたスティックの断面

2.エタノールは含ませすぎない!

これかなり重要です。シルボン紙を巻いたスティック先端にエタノールを付けますが、必ず別シルボン紙にて余計なエタノールを落としてください。含みすぎていると、乾ききらないうちにエタノールが空気中の水分を含んでしまい、乾燥後に白い跡が残ることがあります。重要です(2度目。
シルボン紙の余計なエタノールを落とす図

3.1回では奇麗にならないことを考慮する

「空シャッターを5〜10回切る → ミラーアップ後ブロアで軽く吹く(強く吹くとホコリがファインダまで飛ぶので注意) → ローパスを拭く(1回使用したら必ず新しいシルボン紙を使う)」を2〜3回繰り返すこと。終わったら白い被写体を絞り16・無限遠で撮影、ホコリを確認。

これはNikonのサポートさんが、「私は自分の機体を清掃するときは、多いときは10回くらい繰り返します」と言ってました。大げさかもしれませんが、1回ですべてのホコリを除去しようとすると、無理に力が入ってしまうので、優しく繰り返すのだと。

最後に

まずはローパスではなく、レンズフィルターなどで練習するのがいいみたいです。今回私もレンズフィルターで10回程練習しました。エタノール付けすぎると泥沼化するのがこれで分かると思います。

クリーニングキットの値段が高い!という方もいらっしゃいます。確かにスティックなどは割り箸でもうまく削れば代用できるし、自己流でキット作るのも止めはしません。ただ、このキットはNikonのカスタマーサポートが実際に使用しているモノなので、シンプルなだけに機能が集約している道具達といえるでしょう。ともあれ、私は購入をお勧めします。自作はそれからでも遅くない。

うぉしゃ、これでわざわざ新宿まで行かなくても清掃ができるようになたー(無料清掃期間が終わったので。

撮影環境・雑多品

SIGMA DP1

シグマ社の革命的コンデジ、DP1。ブラケットはもちろん、限りなく一眼に近い画質を再現できるAPS-Cサイズの映像素子を搭載している。広角28mm単焦点。母の日にプレゼントしてしまったコトに後悔している。

関連記事

コメント: 4

名無し 

> エタノール付けすぎると泥沼化
うんうん、白ムラが残るともっとひどいことになりますよね。実感です。
自分的には息ハーハーがいいんではないでしょうか? -> 大嘘

小雨 

いっそのこと、ローパスに故意にホコリつけまくって撮影して
それを発表すれば?^^ まだ誰もやってないでそ、その表現

Toshiro 

No Nameさん
そうなんですよね〜、アレだけは絶対に避けたいです。息フーフーはいかがですかね?

Toshiro 

>小雨さん
うんー、誰もやっていない表現を模索する、というのは間違っていないと思うんですが、機体の危険を伴うのでなかなか実行し辛い条件ですね。