HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


ことばのお仕事

ことばのお仕事

カメラ:D700、 レンズ:SIGMA 20mm F1.8 EX DG、ISO:200、絞り優先、ブラケット:-2〜+2、ホワイトバランス:オート

関連写真

  • ティッシュを何回折ると月に届くかJavaScript
  • ウエイト@奥多摩湖ロープウェイかわの駅
  • 動力部@奥多摩湖ロープウェイかわの駅
  • 拷問器具に見える@奥多摩湖ロープウェイかわの駅
  • まるいの@奥多摩湖ロープウェイかわの駅
  • 2020東京オリンピックロゴ作ってみたよ

「我々は、あー、国民の、皆様の、おー、健康を、第一に考えて、えー、おります。」
街頭演説している候補者の表情が、刹那曇った。

2年前、『国民の生活が第一党』という『いま売れています』みたいな党が結成された。そのため、演説から、国民の〜で始まる文章が出ると、聴衆も演説者も、どこかでその党を意識してしまう現象が今も続いている。

口にすると改めて気付くが、言葉の力はすごい。その単語が口から出た瞬間、警戒する小動物のように眉間が痙攣したり、目が泳いだり、ひどいのになると、どもりはじめて汗を吹き出させる候補者もいた。一番肝心な、対象を呼びかける言葉の調子がこれじゃ、国民に届かないのも無理はない。

おおよそ選挙演説とは、選挙権をもつ国民全体を口説くため、件の単語無しにはなかなか成立しにくい性質を含んでいる。代替単語を使えればいいのだろうが、なかなかそうもいかない。日本国の〜、平民の〜、市民の〜、など、しかし、いずれもピントを外している。党名を作った人はコピーライターでも食べていけそうだと思った。

演説の様子が YouTube やニコニコ動画などの動画サイトにたくさんアップされ、世界から笑い者にされているくらいだが、僕の好きだった落語家は、「バカな話題がニュースになるくらい平和なんですよ、今の日本は。いいことなんです。」と言っていた。

その翌年、『増税に反対する党』という『ロッカーに猫の死体を入れないでください』みたいな名称の党が届け出された際、総務省は党名のレギュレーション見直しを計り、それ以降、有権者の代名詞・具体的な政策名を含む党名は禁止になったが、初代は特例として維持可、という措置になっているようだ。

そうそう、『国民の生活が第一党』のネーミングセンスが、今年のイグ・ノーベル賞にノミネートされました。

コンコンコン。おや、こんな夜更けに誰だろう。

撮影環境・雑多品

KMC-32

小物を侮るなかれ。いいブロアーはホコリの飛びが違います!!HAKUBAのKMC-32。ちょっとガンコなホコリがレンズに付着したとき、ミラー掃除時に。分かる人は分かるこの感覚。

関連記事

コメント: 2

にゃあ 

>コンコンコン

で、誰だったのですか?

Toshiro 

>にゃあさん
これで完結ですのでご想像にお任せします・・・