HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


HDRなモノタチ

写欲の第二次成長期

最近モリモリ楽しい撮影です。特に20mmが楽しい。理屈無く、鳥肌立てながら路傍をおさめています.

明日からニート再開します

みょうにちより、ふたたびニート生活に入ります。おもしろきこともなき場をおもしろく、どこでも呼んでいただければ馳せ参じます。よろしくお願いします。

雪だ

しらしらや しらしらしらや しらしらや しらしらしらや しらしらや雪

年始から全力疾走

忙しすぎると逆にやる気がモリモリでてきてそれでもおっつかなくて半ば諦めて今日は寝ようと思います。

荒木経惟さんに香典を納めました。

一度、一緒に散歩がしたいです。

樹木と亀甲縛り@広尾NO MAN'S LAND

藤原仁美さんの縛り。現地に赴くとリュスィーユ・レイボズ氏の写真も一緒に見れます。

撮りためた写真を本にしよう!コンテンツワークスのPhotoback

デジタルネイティブの僕が諸先輩方をさしおいてなんですが、言います。写真は印刷した時にはじめて「成る」ものだと。 ディスプレイでの閲覧も楽しいし、HDRは特に液晶との相性が抜群だと感じますが、やはり手に取って上から下から質感を確認できる、というのはデジタル確認とは大きく違います。 てなことで写真をお手軽に冊子化してくれるサービス、Photobackさんを利用してみました。 webの人間としても感心させられるところがたくさんあり、特にFlashを用いたインターフェイスが秀逸で、適度な縛りのなかでの自由度が絶妙な操作心地でした。非常に勉強になります。さらにシステムを自社制作していると伺い、素晴らしいなと。個人的に"システム・デザインは外注すりゃいんだよ"と考えてる諸ベンチャー企業が好きじゃないので、好感をもった次第です。 あーでもないこーでもないと2日考えてレイアウトした末に送信、待つ事しばらく、先日手元に届きましたじゃーん。 選べる大きさは3タイプ、プレゼントにいんじゃない 今回作ったのは文庫タイプ。他にアルバム(CDサイズ)、ライフ(A5サイズ)があります。CDサイズだと正方トリミングしないといけないし、A5は少し大きすぎるなーと、文庫の大きさが一番手頃じゃないかな。 手に取ってまじまじ見てると、寒空の下裸足で川に入った時の思い出が蘇ってきて、アホなことしてたなぁと、1年を振り返るのでございます。来年も多分無茶します。 とまぁ自己満足も良いんですが、身内の方を撮られている方も多いと思いますので、プレゼントとして贈ると喜ばれるんじゃないかなーと思いました。内容にもよりけりですが。 また、クリスマスは過ぎてしまいましたが、バレンタイン前に自作冊子を作って子作りアタックをかけてみてはいかがでしょうか紳士方々。 お、お、お、俺のファインダーは君のここを見t(ry(逮捕 ユーザー登録から冊子の作成まで、とてもスムーズにできて、迷子にはならないと思います。

ジャンクションファッション@池袋

久しぶりに撮ったバリバリ無機質テツキンコンクリ@サンシャイン池袋の前。ジャンクションはどう撮ってもカッコいいので卑怯である。

イルミネーション@代官山

毎日クリスマスでもいい。そんなイルミネーション萌え。

8,000,000+1@代官山

人が足を止める事のない、電飾無しの夜中のツリー。だがそれでいい。 紆余曲折、メリ(ry

« 前の10件  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20  21  22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39