HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


ストックフォト5月分の収入内訳

ストックフォト5月分の収入内訳

カメラ:D700、 レンズ:SIGMA 20mm F1.8 EX DG、ISO:200、絞り優先、ブラケット:-2〜+2、ホワイトバランス:オート

関連写真

  • 2015年7月ストックフォトの売り上げ報告
  • 2015年5月ストックフォトの売り上げ報告
  • 2014年12月ストックフォトの売り上げ報告
  • shutterstock で素材を購入したことのある方は注意、毎年勝手に引き落とされてます!
  • 2014年7月ストックフォトの売り上げ報告
  • 2014年6月ストックフォトの売り上げ報告

fotolia:$29、shutterstock:$64、iStockphoto:$2、pixta:$7、Dreamstime:$2の合計$104。最近めっきり拡張ライセンス販売が無くて寂しい限りです。 いよいよセルフコンセプチュアル撮影に移行するしかないのか。想像するとかなり間抜けな絵面が・・・

撮影環境・雑多品

SIGMA 10-20mm F4 EX DC HSM

D40時代ずっとお世話になりっぱなしだったSIGMA。当サイトのメインレンズでした。圧倒的なパースを映し出しながら、解像度には定評のあるモンスターレンズ。一度は通っていい道。これは名器だ(卑猥

関連記事

コメント: 2

hiro 

エッシャーのだまし絵みたいな写真ですね〜。
一瞬、天地が分からなかったです。

>セルフコンセプチュアル撮影
自分でシチュエーションを考えて、写り込むという事でしょうか。
極度の面倒臭がりな私は、まだストックフォトに手を出せていないので、趣味&コンテスト用等にですが、旅先等で画面に「旅」感が足りない時等にやる事があります。
第三者が見ると、多分間抜けな絵面だよなあ…と思いつつやってます。
なので、人気の無い山の中や、夜明け前後の海辺の道とかになってしまいますが…。

でも、ストックフォトは、やはり人物が入っているか否かで、需要や価格が段違いですよね。
レンフォトと呼ばれていた頃から、この手のサービスは、毎週数十枚購入する程のヘビーユーザーでしたが(仕事上)、購入していたのはほとんど人物入りのフォトでした。
ブツや風景は、使えそうな物があれば、個人的に社内で無償提供していました…。
その辺りは査定にも反映されず…、複雑な心境でしたね。
Toshiroさんを見習って、そろそろ始めてみようかな。

Toshiro 

>hiroさん
そうです、身近で一番手軽な人物撮影ですからね>セルフ

いやー、無職な身としては、少しでもとあがいております・・・