HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


銀残し(ブリーチバイパス)とHDRの相性やいかに。

銀残し(ブリーチバイパス)とHDRの相性やいかに。

カメラ:D700、 レンズ:SIGMA 15mm F2.8 DG FISHEYE、ISO:200、絞り優先、ブラケット:-2〜+2、ホワイトバランス:オート

関連写真

  • ぐるぐる歩道橋@上野
  • 歩道橋@代官山
  • Snow Leopardで快適になった写真関連処理
  • 銀だこ閉まってた夜10:00@後楽園
  • 下から覗かれるとどういう気持ちなんだいええおい
  • ユニクロがティルト・シフトレンズ+連射ムービーのカレンダーを

shockatzさん保坂さん変態はなはだしい魅力的な銀残し(ブリーチバイパス)を用いているので、負けじと参戦。といってもHDR作ってブリーチバイパスぶっこむだけ。

タッチ自体は洋画でたまに目にしてたけど、開発したの日本人なのね。マイノリティリポートのオープニング、アガサの予知夢はゴリゴリでした。トムクルーズが珍しく終止良い演技をしていたのを覚えてる、何回も見れる映画。

んで、エフェクトですが、PhotoshopのプラグインであるNik Color Effex Pro 3に入ってます。15日間体験版として使用できますので、惚れちゃったらそのままユー買っちゃいなよ。

撮影環境・雑多品

SIGMA 15mm EX DG Fisheye

衝動買いから常用レンズと化したSIGMAのフィッシュアイ。もちろんフルサイズ対応のDG。この価格でこの満足度は凄い。SIGMA万歳。

関連記事

コメント: 9

保坂 

保坂です。
ばっちりど真ん中で親和性が高いと思ってます。
ルーカスとかトパーズとかよりも、コンセプトに歴史的な裏付けがあるので僕としては使いやすい。
ノイズをどう見るか?ってのが一つのブリーチバイパスの試金石で、いやーDP2が美しく撮れすぎるのですが、それをばっちり荒らしてくれるのでまた良い。

#コメントの反響の低さが気になるのですが、実際、どうですか?
shockatzさんやToshiroさんが使い続けられそうですか?

Toshiro 

>保坂さん
美し過ぎて皆絶句しているだけです(ポジティブトゥーマッチ

いや、実は先の築地画像も相当銀残しレイヤーが入り込んでまして、個人的に"良きスパイス"として重宝しています。購入するかどうかは別として・・・

あと、このサイトは平日の方がコメント残す方が多いです。土日はアクセスも1〜2割低い。仕事中に覗いてるのかな。メッ。

保坂 

保坂です。
ブリーチバイパスを調べていたら「彩度を下げてコントラストを上げ」という記述が出てきて、あーそういえばデジキャパ2008年12月P116のカラーで、そう言うことをやったなぁと思い出した次第。
僕はトーマッピングの際に彩度をゼロにしてモノクロにしているけど、それを1とかにした作例。
正直、ピンとこなかったのでペンディングになっていたけど、ブリーチバイパスでできるようになった。
とあえず過去の写真を100枚加工。
やっぱりホワイトバランスの転びがポイントになる。
しっかりホワイトバランスを撮ったのも作ってみないとね。

#コントラストをあげてエッジをきつくしているので、ボケが浮く。
 パンフォーカスに気をつけないといけないかも。

Toshiro 

>保坂さん
そうなんですよね、彩度いじってると、同じようなエフェクトになるときが多々ありました。

宮川一夫さんは墨絵を習っていこともあり、そのような明暗に敏感だったと言われてますね。何事もバックグラウンドがハッキリあるものなのですねぇ。

taka 

はじめまして。時々覗かせていただいています。
銀残し、面白いですね。

早速やってみたんですが、銀色に見えず、単なる灰色になってしまいました。
きっと何かコツが有るんでしょうね・・・。

Toshiro 

>takaさん
はじめまして〜。銀残し、グラデーションがキッチリ収まってる絵面だと銀色ぽく。コントラストがはっきりあると白黒に近くなってしまいますね。

ちなみにディスプレイ上では、灰色=銀色です。

taka 

ディスプレイ上で灰色=銀色なのは判るんですが、Toshiroさんのはディスプレイ上で見ても銀って認識するんですよ。目がw

私のは、もしかしたらコントラストが高くて、グラデーションが不足してるのかもしれませんね。

ちょっと試してみます^^

Toshiro 

>takaさん
なんでしょうね?光源などのアクセントも関係してくると思いますので、色々試してみてください〜。

Souichi K. 

こんばんわ。

かっこいいですね。

「銀残し」初めて知りました。
まだまだ知らない手法がいっぱいです。

とっても興味深い。