HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


人ごみの多い写真から人を消す方法

人ごみの多い写真から人を消す方法

カメラ:D700、 レンズ:SIGMA 20mm F1.8 EX DG、ISO:200、マニュアル、ブラケット:-2〜+2 x 6、ホワイトバランス:晴れ

関連写真

  • 2015年7月ストックフォトの売り上げ報告
  • 2015年5月ストックフォトの売り上げ報告
  • 2014年12月ストックフォトの売り上げ報告
  • shutterstock で素材を購入したことのある方は注意、毎年勝手に引き落とされてます!
  • 2014年7月ストックフォトの売り上げ報告
  • 2014年6月ストックフォトの売り上げ報告

浅草の浅草寺、東京タワー付近などはストックフォト用に撮りたい被写体なんだけど、観光や通行人など人が多く写り込んでしまって、ンモー!的なシチュエーションがよくあります。そんなときは以下の方法を使えば簡単に無人の景色がつくれちゃいます☆

必要な機材

  • 三脚
  • Photoshop CS3以上
  • リモート(無くてもいいけどあった方が良い)

撮影方法

撮りたい構図にてカメラ・三脚をセット。フォーカス、ホワイトバランス、シャッタースピードを固定。30〜60秒おき(人が動くのを充分待つ)にシャッターを切って、10枚前後収めます。シャッターの回数は多ければ多いほど合成のハズレがなくなります。

Photoshop操作

Photoshopを開いて、File->Scripts->Statistics、Stac ModeはMedianにして、画像を全部読み込むだけであとはオートで処理してくれます。簡単。
hotoshopからの画像選択画面

今日の写真に使った枚数

もともと人の少ない早朝に行ったので今回実験したのは以下の6枚(各ブラケットも撮ってるので全部で30枚)から作成しました。完璧。奥の賽銭箱周辺の人が被って動かなかったので、10分くらいかけました。
動体除去前の6枚画像

けど、もっと多い人ごみのなかでは撮れるだけ撮った方がいいです。多分場合によっては2〜30枚撮った方が無難です。ちょっと面倒くさいですが、真っ昼間の渋谷スクランブル交差点を無人にすることも可能です。ストックフォトで差別化を図れるひとつの手段になるのではないでしょうか。どうだろ。

撮影環境・雑多品

Nikkor AF-S Micro 60mm F2.8G ED

ブツ撮りはコレ一本あればいいと今は思ってるNikkor 60mm単焦点。D40でもオートフォーカスが使える超音波モーター。本当、フルサイズ機になってますます使い勝手が良くなりましたこのレンズ。ナノクリスタルコート。

関連記事

コメント: 6

藤本圭 

英語版を使ってるんですか?
う〜んちょっとカッコいい
ちなみに、日本語版だと「統計」となってます。

名無し 

>藤本さん
おお、そうですか、統計なんですね。
OSの優先言語を英語にしてるので(日本語よりマシンが早い)、アプリも大体英語になっちゃうんです〜。

ただ、想像してるより何も読まないですよ。日本語で説明されたって分からない専門用語エラー出てきても意味不明ですしねw

shockatz 

究極の動体除去キター
最近自分「動体増殖」をやってるので、正反のソリューションですがこっちはマルチショット!。
自分のソリューションだと動体部分はLDRになっちゃいます。
カッコイイなあ。

nobiann 

誰もいない浅草かっこいいですね。
いろんな技をいろんな人から学べてとても勉強になります。

Toshiro 

>shockatzさん
マジ人ごみ=30ショット x 5ブラケット=ワンシーンに150枚・・・・おおお恐ろしや。

Toshiro 

>nobiannさん
そう、誰かが無人東京的な写真集出してましたが、デジタルなら簡単なんですよね。ただ出力結果が同じでも、プロセス違うと作品にならないんでしょうけど・・・