HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


あなたの写真、売れます。趣味を実益に変える、海外ストックフォトアフィリエイトの紹介。

HDR(ハイダイナミックレンジ)あなたの写真、売れます。趣味を実益に変える、海外ストックフォトアフィリエイトの紹介。temple55.jpg

関連写真

  • ストックフォト各社の収入比較@9月分
  • ストックフォトで稼ぐ、稼げば、稼ごう!先月6月分の収支
  • ストックフォト各社の売れる写真の傾向と、先月のアフィリエイト売上
  • 給料が上がらないならストックフォト収入しかない
  • ストックフォトアフィリエイト4月分の結果
  • ストックフォト先月2月の売り上げ

まだデジタル一眼を購入してから半年くらいしか経っていませんが、狂うようなカメラ関連用品購入の欲求と、自分の収入のアンバランスさ加減から、なにかいい方法がないかと試行錯誤していたところ、海外の*ストックフォトをいくつか打診してみた結果、そこそこ収入になる事と、それに伴う半強制的な写真スキルアップという良循環を見つけましたので紹介します。

*ストックフォト:個人(アマ・プロ)が撮った写真が幾万とアップロードされている、商業用写真ダウンロードサイト

shutterstock(買手は日本語、売手は要英語)
恐らく世界最大手のストックフォト屋さんです。1ダウンロードあたり25セントと、それほど高額ではありませんが、他2社に比べ、ダウンローダーの数が圧倒的に多いのが特徴です。一番のおすすめですが、審査が半端なく厳しい(筆者は7回落ちました)。
登録方法:最初に自信作を10枚送り、7枚承認されればオッケーです。1度failすると1ヶ月間審査を受けれませんが、何度でも挑戦できます。 最初にパスポートのコピーを添付してメールする必要アリ。
iStockphoto(全て和訳されている)
Wikipediaにも掲載されている、ストックフォトの老舗。日本語版もほぼ完成しており、登録に迷う事はないでしょう。 ダウンロードサイズごとに価格が設定されており、各価格の20%が報酬として支払われます。 写真アップロードの際に、かなり詳しく写真の品質についての授業があり、勉強になります。登録の際、最後に簡単なテストがあります。適当に読み飛ばすと落ちますのでご注意。
登録方法:最初に自信作を3枚送り、すべて承認されれば、晴れてフォトグラファーとして認められ、展示する事が出来ます。 最初にパスポートのコピーを添付してメールする必要アリ。
fotolia(全て和訳されている)
こちらも日本語版はほぼ完成しており、登録はサクサクスムーズにできます。 ダウンロードサイズごとに価格が設定されており、各価格の33%が報酬として支払われます。 タグやカテゴリの入力が便利に出来ており、ガンガンアップできるUIが素晴らしい。
登録方法:最初に自信作を10枚送り、承認された写真からストックフォトとして販売がはじまります。
dreamstime(英語のみ)
投稿した作品ごとにグレードが設定されており、その数に応じて報酬が増えていきます。 初期は1ダウンロードあたり25セントですが、人気が出るにつれ(又はダウンロードサイズが大きいと)、1ドルを超えるケースも出てきます。 登録方法:最初に12点アップロードし、認可されたものからアフィリエイトが開始されます。max500点/日アップロードができますが、審査にfailする度に、 上限枚数が減っていきます(数打ちゃ当たる戦法を繰り返すとアップできなくなります)。

私自身の経験からすると、上記5社稼ぎの割合は、
shutterstock >>>> iStockphoto > fotolia >>>> dreamstime といったところです。

とはいえ、写真によっては違う結果が出る事もあるでしょうし、まずは登録・アップしまくって、自分の写真がどのストックフォトと相性がいいのかを ダウンローダーの数で比較した方がいいでしょう。

ストックフォトに関するあれこれ

当然の事ですが、これらのサイトからダウンロードする側はお金を払っています。ですから、ストックフォト各社は提供する側としての信用から、結構なクオリティを要求し、 下手な写真を送ると容赦なく全て落とされます。

しかし、それこそがこれらストックフォトの最大の利点で、failした写真は「この写真のここが悪いから承認できない」という事を個別に指摘してくれます。 そのアドバイスが励みになり、他のフォトグラファーの写し方を参考にしたり、独自に改良を重ねようとするモチベーションが上がるのです。あくまで素人意見ですが。

現在筆者は3000円/月くらいの収入ですが、年内に1万円/月を目標に突っ走ってみます。レンズ買いに拍車がかかる事間違いナシぐひひ。
登録の際に必要な英語ページなどは、訳したものを作りましたので、興味のある方はこちらもご覧下さい。

冒頭写真は京都の御苑。

撮影環境・雑多品

Nikon D200

いつか買ってやる、D200。最早コイツを目指してストックフォトアフィリエイトしているといっても過言ではない(D700を購入したのであきらめました)。

関連記事

コメント: 12

kk 

へえ、こんなシステムがあるんですね。知らなかったなあ〜
96年にインターネットに繋いで、30万画素のデジカメを買って、
ウェブサイトを起ち上げたんですが、この10年間で
いろいろなビジネスチャンスを見過ごしてきたようです(苦笑)

御苑の写真は何時ごろのものなんですか?
壁面に影が落ちてますよね。やっぱり、月光ですか?

HDRiな生活 

kkさん毎度訪問ありがとうございます。

もうね、いろいろありすぎてどこに突っ込むか迷うのですけど、とりあえず上記5社に落ち着いてます。
広告業界の数字は世界的にもまだまだうなぎのぼりだから、それに追随したジャンルだと思います。

写真は、夕方16時あたりです。昼か夜か分からない、と言われると、それはそれでなぜか嬉しいのでありますHDR。

hiro 

はじめまして
海外フォトストックの情報をありがとうございます。これから利用してみようと思っています。

Toshiro 

>hiroさん
いえいえ、ご丁寧にありがとうございます。
shutterstockは初回審査ががんこ厳しいのでがんばってくださいね。

hiro 

がんばってshutterstockの審査に申請したのですが、審査用にアップロードした10枚の写真中5枚にいろいろ書かれてメールが送られてきました。次は一ヶ月後ですね。というか、自分のレベルではハードルが高すぎるのかもしれませんね。研究してみます。

hiro 

よく送られてきたメールを見ましたら10枚の写真すべてにNot Approvedがつけられていました。
Shutterstock Top 50とかを見て次回審査のための研究中です。

Toshiro 

>hiroさん
「Not Approved」のみ記載された写真は、問題ないということです。その写真以外で色々アドバイスが書かれていると思いますので、それを研究してみてください。

私は7回落ちましたよw

hiro 

そうだったのですか。わかりました。研究してみます。一ヶ月も時間がありますので。fotoriaにも挑戦してみようと思います。

hiro 

上記のhiroと同じ者です。
あれから半年、Shutterstockに再度挑戦しないまま時間がすぎ、最近foroliaに申請してみました。
10個ともすべて審査に通りませんでした。大変ショックでしたので今後奮闘する軌跡を残すためにストックフォト専用にブログを作ってしまいました。
http://ameblo.jp/stockphotox/
あと、fotoliaのカテゴリーは日本語で設定した方がよいのでしょうか?それとも英語で設定した方がよいのでしょか?それとも日本語と英語の両方で設定した方がよいのでしょうか?
お教え頂ければ幸いです。

Toshiro 

>hiroさん
軌跡を残すのは非常に有用だと思います。私もshutterstockは7ヶ月かかりましたからねw

fotoliaは日本語のみで大丈夫です。英語は自動で変換されます。ただ、海外を意識した構成の場合は英語で入力した方がいいです(自動変換はあまりアテにできません)

hiro 

現在、1年ぶりくらいにshutterstockに申請するためにタグを書いている最中なのですが、今でもshutterstockは英語のみでしょうか?英語だけなら他の人のを真似しても確認が大変ですね。

Toshiro 

>hiroさん
そうですね、shutterstockはまだ英語入力のみです。何度も繰り返し入力していると単語力が少し上がるので、私は修行がてらにやっています。
あまりに抵抗があるようでしたら、fotoliaに専念する、というのもアリだとは思いますよ。