HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


撮りためた写真を本にしよう!コンテンツワークスのPhotoback

撮りためた写真を本にしよう!コンテンツワークスのPhotoback

カメラ:D700、 レンズ:SIGMA 15mm F2.8 DG FISHEYE、ISO:200、絞り優先、ブラケット:-2〜+2、ホワイトバランス:オート

関連写真

  • 不忍池のユリカモメ再び@上野
  • 画素数天下とブロードバンド速度の共通点
  • ヨコハマポートフォリオレビューに参加してきます。
  • ストックフォト12月分の収入公開〜
  • ニコン、NASAよりデジタル一眼レフカメラ「D3S」および交換レンズを受注
  • イルミネーション@代官山

デジタルネイティブの僕が諸先輩方をさしおいてなんですが、言います。写真は印刷した時にはじめて「成る」ものだと。

ディスプレイでの閲覧も楽しいし、HDRは特に液晶との相性が抜群だと感じますが、やはり手に取って上から下から質感を確認できる、というのはデジタル確認とは大きく違います。
てなことで写真をお手軽に冊子化してくれるサービス、Photobackさんを利用してみました。

webの人間としても感心させられるところがたくさんあり、特にFlashを用いたインターフェイスが秀逸で、適度な縛りのなかでの自由度が絶妙な操作心地でした。非常に勉強になります。さらにシステムを自社制作していると伺い、素晴らしいなと。個人的に"システム・デザインは外注すりゃいんだよ"と考えてる諸ベンチャー企業が好きじゃないので、好感をもった次第です。

あーでもないこーでもないと2日考えてレイアウトした末に送信、待つ事しばらく、先日手元に届きましたじゃーん。
photobackで作成した冊子タイプ

選べる大きさは3タイプ、プレゼントにいんじゃない

今回作ったのは文庫タイプ。他にアルバム(CDサイズ)、ライフ(A5サイズ)があります。CDサイズだと正方トリミングしないといけないし、A5は少し大きすぎるなーと、文庫の大きさが一番手頃じゃないかな。

手に取ってまじまじ見てると、寒空の下裸足で川に入った時の思い出が蘇ってきて、アホなことしてたなぁと、1年を振り返るのでございます。来年も多分無茶します。
とまぁ自己満足も良いんですが、身内の方を撮られている方も多いと思いますので、プレゼントとして贈ると喜ばれるんじゃないかなーと思いました。内容にもよりけりですが。

また、クリスマスは過ぎてしまいましたが、バレンタイン前に自作冊子を作って子作りアタックをかけてみてはいかがでしょうか紳士方々。

お、お、お、俺のファインダーは君のここを見t(ry(逮捕

ユーザー登録から冊子の作成まで、とてもスムーズにできて、迷子にはならないと思います。
Photoback

撮影環境・雑多品

MAX i 347GB

管理人が初代に使用していた三脚。値段、機能、文句無しの一品。ただ、一眼の方は、重さに気をつけないとすぐにクイックシューが回転してイライラするので留意。カメラレンズ合わせて1キロ以内なら問題なし。

関連記事

コメント: 3

A-GARAGE 

おぉ、文庫バージョンですね。
Photobackはフォトコンの賞品で過去に5冊(無料で)作りました。他のところでもフォトブックサービスは色々ありますが、Photobackは印刷品質と仕上りがいいですね。
FUJIのはフイルム屋らしからぬクオリティだった。

Toshiro 

>A-GARAGEさん
フォトコン取りまくってますなぁ〜コンチクショウ。しばらく落選続きで応募してないのです。コンチクショー。

tomyDJ 

写真、とても綺麗ですね。
HDR、初めて知りました。
風景撮りに、是非使ってみたいと思います。
三脚必須かな?
手持ちのKiss X4で出来るかな?
ちょくちょく覗かせていただきますね。