HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


画像不正利用に対する作業請負人 COPYTRACK が凄い

画像不正利用に対する作業請負人 COPYTRACK が凄い

カメラ:D700、 レンズ:Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF、ISO:400、絞り優先、ブラケット:-2〜+2、ホワイトバランス:オート

関連写真

  • 2017年8月、2017年9月のストックフォト売り上げ報告
  • 2017年7月のストックフォト売り上げ報告
  • ユーザーが使用するブラウザの傾向、2009年から2016年まとめ
  • 2017年6月のストックフォト売り上げ報告
  • 2017年5月のストックフォト売り上げ報告
  • 小説の表紙に使用される写真の扱いについて

【2017/8/10追記】日本語に対応してましたので、下記の英語部分は無視して下さい ('A`)

写真を生業にしてる人はわかると思いますが、不正利用が跡を断ちません。ストックフォト各社も対応はしているようですが、月に数万円の売上くらいのコントリビューターではぜんぜん動いてくれません。

で、ドイツの COPYTRACK という会社が設立してました。ざっくり言うと「不正利用者に対して俺ら弁護士集団がお金取ってくるからマージンちょうだい」的なサービス。特徴は、

  • お金一切不要
  • 一切交渉不要

必要なのは、システムが吐き出して教えてくれる画像に対して、手続きするかしないかのクリック操作だけ。とりえあず私は一件だけですが、見事に対応、先日振込が完了しました。3万円くらいですけど。以下、登録手順。

  1. アカウント作成
  2. 不正利用可能性のある画像をアップロード
  3. 2〜3日待つ
  4. 不服申立て
  5. 経過・結果を待つ

1. アカウント作成

まずはアカウント作成。ログイン画面へ行き、下段の Create account から新規作成します。

2. 不正利用可能性のある画像をアップロード

左メニューの Importより、画像をアップロードします。EyeEm と二択ですが、ローカルからのアップが大多数でしょうから、そこを紹介します。コレクション名は、枚数が増えたときのためにある程度カテゴリーを作っておいたほうがいいでしょう。名前、詳細は適当に。
COPYTRACK アップロード選択ボタン

3. 2〜3日待つ

COPYTRACK のクローラーが、上記で登録された画像を探索します。大体 2〜3日で世界中の不正利用画像をピックアップしてきます。

4. 不服申立て

不正利用の可能性のある画像を指示してきますので、左メニューの Inboxより画像を確認します。画像が一致しており、販売した覚えのないものに関しては、Submit claim をクリックして先に進みます。それ以外のボタンは画像間違い、ホワイトリスト、などなのであまり気にしなくていいです。

COPYTRACK 不服申立てボタン

COPYTRACK 不服申立て設定画面

5. 経過・結果を待つ

申し立てを行うと、COPYTRACK のスタッフが権利者に変わって先方と交渉を進めてくれます。経過は左メニューの Claims から順次確認することができます。その際、たまに署名が必要な書類が送られてきますので、サインして返送して下さい。

以上です。私も使い始めて間もないので、理解できていない部分もあります。ただ、対応が早く丁寧ですので好感を持った次第です。あと、実際お金戻ってきたので。

※注意点
tumblr、pinterest、個人ブログでの利用など、に関しては COPYTRACK は動かないようです。

余談、不正使用する側も悪いと思ってやっていないので、今回の COPYTRACK のように、まずは著作者人格権の概念の浸透からかなぁと思います。そうすればストック業界も賑わうだろうし。今後に期待大です。

撮影環境・雑多品

Adobe Lightroom

raw 撮影 → wb 微調整 → jpg 書き出し、のフローに必要不可欠。ストック写真のレタッチにも最強のパフォーマンスを発揮する Lightroom。コスパもとてもいい。

関連記事

コメント: 0