HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


熱燻・温燻可能な燻製器の作成と機材の紹介

熱燻・温燻可能な燻製器の作成と機材の紹介

カメラ:Df、 レンズ:TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO、ISO:200、ブラケット:-2〜+2、ホワイトバランス:オート

関連写真

  • 2018年5月、6月、7月、8月のストックフォト売り上げ報告
  • 小説の表紙に使用される写真の扱いについて
  • 2017年3月、4月のストックフォト売り上げ報告
  • 女性必見!好きな漫画キャラなに?と聞かれたときのベストアンサーズ
  • 自堕落な日々とムチ
  • shutterstock で素材を購入したことのある方は注意、毎年勝手に引き落とされてます!

山生活シリーズ(唐突。今回は温燻熱燻りょうほう可能な燻製器をリニューアルしました。

冷燻に関してはこんなの買えばダンボールで可能だから特に説明必要と思わず、今回は温燻熱燻可能な燻製器を作ったのでそれの紹介、ついでに動画作成しました。

ポイントとなる機材は、

サーモスタット
熱電対による温度測定、リレーオンオフで下記電気コンロを制御。やっすいサーモスタットMH-1210W使用。
電気コンロ
ガスコンロだとオンオフが自動で制御できないのでNG。その点電気コンロは燃えるような案件になりにくいのも素晴らしい。石崎電機製作所最強。
チップ燃やす皿
アルミ製のモノはすぐ穴が開く。なので、鋳物やチタン製、ステンレス製が吉。

の3つ。つまり、上記をっ 木の箱にっ ぶちこむっ 作業っ。作ってみれば意外と簡単なもので、ほぼ万能の燻製器が完成。制作過程は以下の動画参照くださーい。ついでにチャンネル登録してくれると凄く嬉しいDEATH!



撮影環境・雑多品

GT0540

D700の重さに耐えつつ、最軽量クラスのGT0540。Gitzoが40%引きの信じられない店、楽天のナニワ。他にも破格の品が定期的に入れ替わっています。

関連記事

コメント: 0