HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


Snow Leopardで快適になった写真関連処理

Snow Leopardで快適になった写真関連処理

カメラ:D700、 レンズ:SIGMA 15mm F2.8 DG FISHEYE、ISO:200、絞り優先、ブラケット:-2〜+2、ホワイトバランス:オート

関連写真

  • 銀だこ閉まってた夜10:00@後楽園
  • ユニクロがティルト・シフトレンズ+連射ムービーのカレンダーを
  • シンメトリー感謝@後楽園
  • twitterに日本HDRのハッシュを作りました
  • HDRオフレポ@後楽園
  • 銀残し(ブリーチバイパス)とHDRの相性やいかに。

当方Macの環境

  • iMac7,1(64bitカーネル非対応)
  • メモリ4GB(byマックメム
  • PhotoshopCS3
  • Lightroom2.0
  • Photomatix3.2.2
  • Leopard最終バージョン→Snow Leopard
  • Snow Leopardはクリーンインストール(HDDはZero Out Data処理)

先日Snow Leopardをインストールして、写真処理スピードがかなり上がりましたので順次報告です。

Photoshop

起動が早い。フィルタ系もいずれもスピードアップ。特にTopaz関連は2倍くらい早い。ここの処理が早いと断然やる気が増します。

Lightroom

写真の読み込み速度が2倍くらい早い。ゴリゴリゴリって。書き出しは速度はあまり変わらない。全体的に表示がスムーズになったので、ウットリ写真を眺めてしまう。

Photomatix3.2.2

特段何も変わらない(ぉ

その他

カードリーダーからのデータ読み込みがバリ早、倍速です。メインブラウザではないですが、Safariの早さがとんでもない。クリックしてアイコンが1バウンドする前にウィンドウ立ち上がってる。どないだ。と、Cyberduckが先日のアップグレードでバカっぱやになったのもかなり嬉しいです。

処理が早くなったからといって写真のできばえは変わりませんが、やはり早いとやる気が出てきますね。色々経験になったし、半日潰して良かった!とはいえ、環境によっては不具合の可能性もありますので、あくまでアップグレードは自己責任で!

撮影環境・雑多品

Nikon D700

2008年現在当サイトのメイン機となりました。散財って気持ちイイ。おかげで年内はほとんど大きな買い物ができなくなったけど、余りある多幸感に襲われ気にしない。

関連記事

コメント: 4

保坂 

保坂です。
今買うのならば、何がいいのでしょうね。

#600mhz G3のiMacですから、何でも速いのですが。

Toshiro 

>保坂さん
ノートはコストパフォーマンス悪いので(持ち歩きしない場合)、やはりiMacでいいんじゃないでしょうか。20inch、購入時にグラボグレード、CPU上げて、メモリ4〜6GB搭載すれば、今までの作業時間は一体なんだったのだと驚かれると思います。
ただ、Snow Leopardのマイナーアップグレードが2回くらい終わった後の方が安定すると思います(まだ0回)。

同じスペックなら圧倒的にWINの方が安いんですけどね。

保坂 

保坂です。
僕は漢字Talk6からのユーザーなので、Winなどもってのほか。(^^)

#ノートで一番軽いのってなに?
(元々モバイラーでした。)

Toshiro 

>保坂さん
マクブクエアーですが、スペック低いので個人的にはお勧めしません。ノートならやっぱりプロでしょうねぇ。