HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


ミュージシャンや企業は今こそwikipediaに寄付すべき

ミュージシャンや企業は今こそwikipediaに寄付すべき

カメラ:D700、 レンズ:SIGMA 15mm F2.8 DG FISHEYE、ISO:200、絞り優先、ブラケット:-2〜+2、ホワイトバランス:オート

関連写真

  • なんかもうPhotoshopCS5がエラいことになってる件
  • ピンクピンク東京タワー☆@赤羽橋
  • オススメ漫画更新しました
  • オレオレ詐欺ばなしを身近に聞いて感じたこと
  • ストックフォトとは何か?いつ、誰が、どのように使うのか?ついでに2015年1月ストックフォトの売り上げ報告
  • ISIS 騒動に先駆ける成毛眞氏のコラムが秀逸すぎて

家電や車など、海外輸出に依存している企業さんや、世の平和・エコを詠むミュージシャンさんたちに、是非考慮してもらいたいwikipediaへの寄付。ポイントは2つある。

1.知的財産に興味のある人物が見る

寄付した人の名前・金額の一覧を覗く人は、その時点で「知的財産に興味があり、そのために自分の財布を開く人物である」ということ。一般よりもイノベーター・アーリーアダプタ層が多く存在する可能性が高く、周囲への影響力が大きい可能性があり、また、そういった人種は文化への理解を示す企業に好感を抱きます。資生堂企業資料館ブリジストン美術館しかり(文化の定義などややこしい話はさておき)、ここらでガツンと新しい企業・日本人の心意気を見せてほしいものです。

2.桁数が小さいので、小額でも強烈にアピールできる

寄付をすると、下図のようにリストに名前とコメントが掲載される。大体は寄付額の桁数が4〜5桁(少数以下2桁含む)なので、日本円だと見た目の効果も抜群だろう。
wikipedia寄付画面その1




例えば、ここに情報に敏感なミュージシャンが介入し始めると
wikipedia寄付画面その2
相当目立ちますよね!




次に、企業が参入を開始すると
wikipedia寄付画面その3
さりげなく企業のキャッチコピーまで浸透させる事が出来ます!




果ては海外まで飛び火しまくり・・・
wikipedia寄付画面その4
自宅に飛行所がある人とかも来るかもしれません。




あまり調子に乗ってるとラスボスが登場しますから注意。
wikipedia寄付画面その5

半分本気な案ですが、最早我々日本人の知的水準生活にwikipediaが必須なのは明白です。是非寄付に御一考をば。

撮影環境・雑多品

Nikon D700

2008年現在当サイトのメイン機となりました。散財って気持ちイイ。おかげで年内はほとんど大きな買い物ができなくなったけど、余りある多幸感に襲われ気にしない。

関連記事

コメント: 6

D-cuprio 

 九州の田舎モノにとって、東京タワーとは修学旅行でしか
見れないイメージが未だに拭えません(笑)赤とピンクに情緒?
感じます^^

Rusty Nail 

やはりこういう寄付には、自身の広告もかねているのでしょうか?

そういえばTOSHIROさんも撮影会参加されるのですね。
私も参加させて頂くので宜しくお願いします!

ブログリンクさせて頂いてもよろしいですか?

Toshiro 

>D-cuprioさn
知人は通勤路に東京タワーがあるので、最早何も感じないそうですw
たまに見るくらいがちょうどいいんですよね。

Toshiro 

>Rusty Nailさん
広告というよりも、「私はこういう事に興味があり、お金を寄付します」という考えは純粋ですよね。目立とうとか、それをプロモーションの一環にしようとか、それらは副次的なモノだと個人的には思います。
wikipedia、人類の宝だと思いますので、企業がそれをバックアップしている、という姿勢はごく自然な流れに感じる昨今です。。。
リンク、オッケーですよ〜。

arata 

すばらしき写真、そして素晴らしき提案です!

Toshiro 

>arataさん
そうなんですよ〜。いろいろ調べたところ、100万超えで、世界中の寄付ランク50位に入るらしいのです。いったい何てぐすねをひいているのやら・・・