HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


わりと古い友人から指摘されたこと、書いてみます。

わりと古い友人から指摘されたこと、書いてみます。

カメラ:D700、 レンズ:ULTRON 40mm F2 SLII Aspherical、ISO:200、絞り優先、ブラケット:-2〜+2、ホワイトバランス:オート

関連写真

  • タチコマ予想参るわーまじ参るわー
  • これさえ覚えれば(たぶん)変幻自在!写真・絵の構図 A to Z その2
  • 長文を掲載するサイトは背景の色を考えて欲しい
  • なんでもないようなとこがぁ〜@谷中
  • 将来の夢はなんですか?
  • 久しぶりの夜散歩@西日暮里

「島田くんは、極論が過ぎて、理知的な判断からかけ離れている」と言われました。以下、具体例。

私は、例えば、ラーメンズの笑いを理解できる人と、できない人でズバッと分けます。んで、その人らを、馬鹿がどうか(自分と関わりを持って、自分に得があるかどうか)のカテゴリに緩く配置する傾向があります。

たとえば、上記のカテゴライズ、以下のニュース、どちらの感想を持ったか、で分けたら、絶対に偏ると思うんです。

こんにゃくゼリー、

  • 喉に詰まって危険だ、販売は禁止、と思う層。
  • その事実の相関はほぼ無視できる、と思う層。

ラーメンズに理解を示す人で、前者を選ぶ人はいないと確信してます。んで、私の人生には、そのような人は不要なんです。しかしそれが、いっしょくたにしてすべてを推し量ろうとしてるみたいで、危なっかしい、と言われたんです。が、私としては色んな線引きが有る中での試金石のひとつで、むしろなぜこの考え方か理解されないのかが不安で仕方ないのですか、一般論はどうなんでしょう?

こういった偏見は、持たない方が、生きるには便利なのかな?とてもそうは思えないのだけど、近く長い知人に指摘されて少し考え直した方がいいのかなぁと思い立ち。

んでまぁ、ここで肯定される方が集まったとしても、それでやっぱオレ正しい!と思う根拠にするワケでもないんですけど。根底には、私の試金石を理解しない主張派は、反戦派の好戦性に繋がると思っています。むしろ、こういった防壁を持ない方達は、どうやって精神の汚染を防いでいるのかが、謎です。

撮影環境・雑多品

KMC-32

小物を侮るなかれ。いいブロアーはホコリの飛びが違います!!HAKUBAのKMC-32。ちょっとガンコなホコリがレンズに付着したとき、ミラー掃除時に。分かる人は分かるこの感覚。

関連記事

コメント: 16

ふくざわ 

生まれたところや皮膚や目の色にかかわらず
すべての人にあてはまらない理屈はすべて主観的ということになります味や臭い、色などと同じようなもので赤と青どちらが正しいかギロンしているようなものですこの世に一つだけあります影響を受けない考え方が一つだけねwwwwwwww

Toshiro 

>ふくざわさん
そもそも句点の使用法が分からない方とは、赤と青の議論以前の問題だと思うのですが。。。

sa 

やはり同じように友人との会話で、3Dプリンタの話だったのですが、友人はニュースを見たところ、3Dプリンタで銃の設計図が出回るといった内容から「超危ない!あんなの禁止でしょ」という考え。

一方、私は包丁や車と同じで使い方でしょ。という考え。

少し口論に発展してしまい、
最終的に色々な例を出しても、結局は「危なそうな事が起こったのなら禁止でしょ」という一方通行な考えだったので疲れてしまいました。

人それぞれに捉え方って違うんだと再認識しました。

junki 

ラーメンズは知りませんが、こんにゃくゼリーの例は分かりやすいですね。

こういう微妙だけど決定的に違う感覚があって、そこを二分法で分けるのは
自分の中にもあります。年寄りなので、この点で議論することも説得することも
だいたい不可能であることも知っています。ですから、まず自分の考えや感覚を
表明・主張することはないです。一方を主張すると、スポイルされる方の反感を買い、
支持する人は積極的に支援することはまずないですから、得することはありません。

原発に対する考え方、新大久保でのヘイトスピーチ、靖国神社への参拝とかの
具体例はそもそもをたどれば、表面的、政治的な問題である以前に、こういう
微妙でしかも決定的なナニカの違いが反映したものであると感じますね。

doiken 

判断力とは、+か−の結果を導くもの。

Toshiro 

>saさん
色んな人がいてそれを許容する多様な世界こそが理想ですが、短絡的な方が視界に入るとこちらの精神が破綻してしまいそうになります。
そうなると、人里離れてテレビをもたず、仙人のような暮らしを準備していかないといけないのかなあと最近考え中です。。。

Toshiro 

>junkiさん
さすが年の功ですね、達観の領域だと思います。
先日、報道に携わる方達とご一緒する機会があったのですが、彼らは、「分かりやすく簡潔に」を理念としているだけで、事実を捻じ曲げようとは思っていないんですね。
ただその弊害として、彼らの情報を受け取る側に、「真実はすべて難解である」事実が理解されにくくなっている状況を作り出しているように見えます。
めんどくささ満点。

Toshiro 

>doikenさん
そこをなんとか加点法でひとつ・・・っ!

わりと古い友人 

久しぶりに覗いてみたらこの前のことが書かれててワロタ。

多面的な物の見方のことだと思われ

喉に詰まって危険だ、販売は禁止、と思う層。
その事実の相関はほぼ無視できる、と思う層。

で、後者の方が「ラーメンズを理解できる=馬鹿ではない」と定義付けられるなら

  ラーメンズを理解できない、この人は馬鹿
  その事実の相関はほぼ無視できる

としたとき、論理矛盾を抱えてしまわないかな?
本来なら後者のはずなんだが。

また理解できるのと面白いと感じるのは、人によって違うのかも。ま、ついつい天邪鬼的なこと言ってしまうだけだ気にすんなw

個人的にはラーメンズは好きな方だし
君の考え方も無理に変えずにそのまま行けばいいと思う

Toshiro 

>わりと古い友人
見に来るのかww

うーん、「また理解できるのと面白いと感じるのは、人によって違うのかも。」これはねぇ、根本的に勘違いしてる人が多いし、判断も難しいのだけど。

例えば、和差積商しか理解できない人は、微積分のディベートには参加できないよね。でも、往々にしてそういった次元のフィールドで、物の良し悪しを述べたりする人って多いと思うのね。

ラーメンズに関しては、必要十分条件ではないけれど、明らかにその傾向はあるなーと。だから、理解はできるけれど、好みではない、という人はいる。でも、大概の「何が面白いのかわからない」という人は、頭が足し算で止まっていて、理解をしていない側にいる。もちろん、指摘してくれたような論理矛盾グループも存在する。あくまで傾向のおはなし。

いろいろ試金石はあるけれど。下手に馬鹿に近づくと、こちらの精神的被害が大きいので、極力避けるためのATフィールド展開中。

わりと古い友人 

たまに見にくるぜw
写真も見とるぞー

いやー、継続は力なりだな
よく続くと思うわ

また飲みいこうぜ
サーフィンもなー

Toshiro 

サンクス☆

jarheadboy 

沸点の低い人間は、「この二分法で私とキミは別々の枠に入るのだよ」と言われただけでも爆発するから……二分法を持つこと自体は理に適った生き方だろうけど、それを表面態度に出すことは、わざわざ敵を作っているようなものじゃないのかな。
まあ、「わざわざ敵を作る」っていうのも使い方次第では理に適った生き方なんだから、人がとやかく言うことじゃないんだけれど。
つまり何が言いたかったのかって言うとよく分からんが、とりあえず写真応援してます。お目汚し失礼

Toshiro 

> jarheadboyさん
コメントありがとうございます☆
そうですね、おっしゃるように、表面に表すと何かと問題が生じてしまうことが多いです。元気のある時はおかまい無しに突っ切れるんですが、弱った時には少しめんどくさくなってしまいます。
中庸のための両端幅を増やしたいなぁと日々模索しています。

miti 

基本的に通りすがりの者です。

こんにゃくゼリー分類と、ラーメンズ分類の2つでもって
世界を4分して、同じ分類外を排斥するなら極論かも。

でも、実際は時々違う分類を用いるんだろうから、気にせずとも?

八百万(日本式表現)もの分類すべてが合致したり、外れる人がいたとしたら、それはきっとあなたにとって素敵な人であることでしょう。

Toshiro 

>mitiさん
実際はいろいろな試金石を複合して判断してるんだと思います。他には、箸の持ち方、食べ方、宮崎駿への造詣、語彙の多寡、審美眼の外注と内製の割合、などがよく頭の中で渦巻いてます。
特に、共有パーツの少ない人が、技術の進歩・革新的な人物の邪魔をするような発言をすると軽い殺意が降臨します。
ですが、おっしゃるように、共有出来るパートが多い人に出会うと、この上なく幸せな出会いに感謝したりします。
嗚呼、人生。

コメントありがとうございます。