HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


夏場の氷バットひとつで心配無用の巻

夏場の氷バットひとつで心配無用の巻

カメラ:D700、 レンズ:SIGMA 20mm F1.8 EX DG、ISO:200、絞り優先、ブラケット:-2〜+2、ホワイトバランス:オート

関連写真

  • 2011年買って良かったモノリスト
  • 出不精フォトグラファ@田端
  • 冬眠車@函館
  • 写真の整理をフリーソフト任せにすると破綻する理由
  • 例のロゴパクリの件でチラシの裏
  • 2015年7月ストックフォトの売り上げ報告

最近は当たり前のようにコンビニで氷買うのが日常ですが、あれとても抵抗がある。少し手間だけど、かち割り氷くらい家庭用冷凍庫でたっくさん作れるのだ。
以下、バーでバイトしてた時の氷の作り方。

1.アルミバットに水を張り冷凍庫にぶちこむ

どんなバットでもいいけど深さが5cm〜8cmくらいはあったほうがいい。冷凍庫のスペースとも相談。あと、何回か作ってると必ず歪んでくるのでそんな高い物じゃないほうがいい。

楽天amazonにいっぱい。ついでにアイスピックも買うよろし。

2.翌日に巨大な氷ができるので取り出す

翌日冷凍庫からバットを取り出すと見事に凍ってます。

凍ったバットの水

逆さまにして水道水をどばーっとかけます。すると境界面が溶けてスルスルと落ちてきます。

水かけます

ミニ氷柱ゲット。

ミニ氷柱ゲット

3.氷をアイスピックで整形

出来たばかりの締まった氷は面白いように割れるので、アイスピックで手早くザクザク手頃な大きさにする。慣れれば包丁でも出来る。ジップロックやプラスチックのバットにまとめて冷凍庫に保管。

まとめて冷凍庫に保管

ちょっと頑張れば球体の氷も彫れる。「え〜球体なんてできませんよ〜」とよく言われるけど、人間の手と目は意外と優秀で、初めてのチャレンジでも割と上手く作れるもんです。

スフィアアイスとキュウリとアイスピック

1〜3を繰り返してれば氷が無くなる事はほとんどありません。楽・クリエイティブ・涼しい・安い。風鈴に迫るアクションプロダクトですよっ☆

撮影環境・雑多品

Adobe Lightroom

raw 撮影 → wb 微調整 → jpg 書き出し、のフローに必要不可欠。ストック写真のレタッチにも最強のパフォーマンスを発揮する Lightroom。コスパもとてもいい。

関連記事

コメント: 6

にゃあ 

あにきー、氷よりきゅうりのほうがうまそうでっせ^Q^
次回東京に行ったら、カクテルでも造ってもらって、その辺の
路地裏案内してもらって、おいくらお支払いしたらよろしいか?
で、好みは一番しぼりですかい(^^;; 同じですなー^^;

弓弦 

こんにちは。弓弦(ゆづる)と申します。

趣味で写真を撮っている者です。
その際に使う小物として、今度氷(大きなもの)を使いたいと思っていたのですが、こんな簡単に作ることが出来るのですね。

透明な氷はもっと難しいと思っていました。

参考にさせていただきます。

Toshiro 

>にゃあさん
もうぐだぐだでやる気無いのにカメラ構えてしまったので台本無しでやっぱりgdgdでした。
100%モルトが決め手ですねーっ

Toshiro 

>弓弦さん
ぜんぶ透明の氷はこの方法では作れません。キレイな部分のみを削り出す事は出来ますが。

たしか一度沸騰させてから冷凍するとキレイな氷ができるとか・・・

koo 

初めまして。
ただコンデジを新調しようと、最近の機能なんぞ調べつつ
ネット徘徊してただけなんです。
どういうわけかこちらのサイトに辿り着いてしまって。

4日かけてブログ内の画像を全て拝見しました。
ひねくれ者なのであまりこのコトバを使うことはないのですが、
感動してしまいました。

物欲のベクトルが、デジイチに向きを変えつつありますwww

Toshiro 

>kooさん
ぎゃー!初期のはあまり見つめないでくださいありがとうございますっ!