HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


これさえ覚えれば(たぶん)変幻自在!写真・絵の構図 A to Z その1

これさえ覚えれば(たぶん)変幻自在!写真・絵の構図 A to Z その1

カメラ:D700、 レンズ:SIGMA 20mm F1.8 EX DG、ISO:200、絞り優先、ブラケット:-2〜+2、ホワイトバランス:オート

関連写真

  • 千鳥のアソコ
  • 2015年7月ストックフォトの売り上げ報告
  • あれもこれも@千鳥町
  • 廃工場?鉱山?@伊豆
  • 例のロゴパクリの件でチラシの裏
  • 横断歩道と三島大社の深夜@三島
まず A to Z とは?
A to Z とは、アルファベットの A から Z のことで、「何から何まで」「全部」という意味の略語です。

で、事後気付いたのですが、腑に落ちる構図って、実はアルファベットの形状である事が多くて、まとめてみました。以下 A から順番に作例を添えて。

A. どっしりとした安定感。やや冒険心に欠けるが、各辺の間に距離があると思わぬ効果が。
構図のA

B. 同じような大きさの物体を並列に。
構図のB

C. 広角が得意。
構図のC

D. 曲線や領域でまとまったのを削り取る。
構図のD

E. 平行線がたくさん横に走ってたら。
構図のE

F. Eの変化版。パースを付けるとあら素敵。
構図のF

G. C と同じだけどワンアクセントを盛る。広角が得意。
構図のG

H. 縦に2本、横に1本見つけたらとりあえずコレを探す。
構図のH

I. 日の丸構図と似たり寄ったり。三分割法を生かすと大化けの予感。
構図のI

J. I では物足りない時に呼び込む。上下左右反転なんでも来い。
構図のJ

K. 遠近を処理する時によく使用する。水平反転も良い。
構図のK

L. I では物足りない時に呼び込む。
構図のL

M. シンメトリーな建物などに。
構図のM

今日の千鳥の写真は思いっきり「K」ですね。後半その2 に続きます。

撮影環境・雑多品

SIGMA 15mm EX DG Fisheye

衝動買いから常用レンズと化したSIGMAのフィッシュアイ。もちろんフルサイズ対応のDG。この価格でこの満足度は凄い。SIGMA万歳。

関連記事

コメント: 0