HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


レーシック後は夜間の光の帯が伸びて見える理由

HDR(ハイダイナミックレンジ)レーシック後は夜間の光の帯が伸びて見える理由building82.jpg

カメラ:D40、 レンズ:SIGMA 10-20mm F4 EX DC HSM、ISO:200、絞り優先、ブラケット:-2〜+1、ホワイトバランス:AUTO

関連写真

  • レーシックも少し関係してる、記憶色と期待色とHDRについて
  • HDR写真コンテスト開催
  • どんどん出来るアトラスタワー@中目黒
  • Photomatixのプレビュー画面とトーンマッピング後画像の違いについて
  • googlemapも凄いのですが、ロケーションビューも相当ヤバいです
  • ワシントンホテルレーザービーム@東京ビッグサイト

以前に、レーシックが及ぼす術後の光の感じ方の違いを書きましたが、文章だと分かりにくいので、図付きで解説してみます世の中ゴールデンウィーク。

そもそもレーシックというのは、角膜の表面を削って、光の入射角を変える手術のことです。大げさに表現すると、下図のように角膜を削るんですね。

レーシック術前術後での角膜角度の違い

レーシック術前術後の角膜の違い

で、こうなることで、光の入射角が調節されて近眼は治るのですが、弊害として、その際に発生した角度が少し問題となります。

昼間は瞳孔が閉じてるので、刻まれた角膜の角度が影響するような光は眼球内まで入らないのですが、

レーシック術前術後の光の違い:昼間

レーシック術前術後の光の入り方の違い:昼間

夜間になると瞳孔が開いて、術後に発生した角膜上の角度を光が通るため、その部分の視界だけ(特に発光している物体)光が帯状に伸びたり、ぼんやりする事があります。

レーシック術前術後の光の違い:夜間

レーシック術前術後の光の入り方の違い:夜間

私は手術を受けてから4年くらい経ちますが、今も意識すると光の帯や、ぼんやりした部分が見えます。日常生活に支障を来すことは何もないのですが、夜景を撮影した際に、期待景色(光がふぁーーーっと伸びてる景色を撮ったはずなのに)と現像された写真の色合いとのギャップに落胆することがあります。

写真はゆりかもめらへんにある有名なホテル。名前は忘れ申した。

じりじり順位があがっています。応援ありがとうございます。

撮影環境・雑多品

Nikon Df

2014年3月の現状、当機しか選択肢がない次第。

関連記事

コメント: 0