HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


HDRなイキモノタチ

パグ(ちけぇ)@代々木公園

使ってるレンズがレンズなもんで、あんまり寄れないけど、大きく写そうと近寄るとレンズを覗き込みにきやがる。じっとしてんかい、コラ。お願ひ。 パグですけど何か(´・ω・`)

水牛@竹富島

ブラケット撮影中くらいはピクリとも動かない、水牛。 穏やかな目、垣根を壊す足取り、周遊中にウンコ。 ツアー的なモノはあまり気乗りしないのだけど、竹富島周遊水牛ツアーに乗った時の写真です。ちょっと彩度が高い。 深く悟りを開いたような優しさを目に宿した彼らに惚れ惚れして参りました。 モーよりメーに一票 カメラ:SP-550UZ、ISO:50、絞り優先、ブラケット±1、ホワイトバランス:晴れ

空に枝、地には根を@新宿御苑

もともと化学の出身なのですが、専攻時代は殆ど寝ていたために知識はうすっぺらいものしかありません。ですが、なんとなく分かる事もあるのです。 世の中で一番小さなモノは何かというと、一昔前では原子、それを構成する中性子、陽子、電子といったものであったのですが、近年ではさらに細分化され、素粒子の解明が日々進んでいるそうです。その分野の世界的権威である、小柴昌俊のインタビューを見ました。 小柴昌俊さんが語るITER計画の欠陥 上記リンクの下部に、「ITER計画というのは新しいエネルギー源としては致命的な欠陥がある」と小柴教授は指摘しています。そして、そのITER計画は日米の間で取り行われており、青森県六ケ所村でその研究がおこなわれようとしているそうです。 ITERとは、国際熱核融合実験炉の略で、国際的に取り組まれている機構だそうです。簡単に言えば、太陽で起こっている核融合を地上で再現する、というものです。 原油の枯渇は遅かれ早かれ100年以内に現実にふりかかるものとして、鉄の塊が燃える水で走る現代魔器の代替基礎研究としては、あまりに無計画なモノではないだろうかと思うのです。 瞬時に世界を行き来し感動を探すより、不便に2本の足で移動できる範囲に価値を見いだす事の重要さを認識する事が、自分の使命と感じる昨今です。 空に子孫を カメラ:SP-550UZ、ISO:50、絞り優先、ブラケット±1、ホワイトバランス:晴れ

ゲストハウス美波@波照間島

表面の「ぬめっ」とした感覚と、2匹目の口の開き方が面白かったのだけどうーん。 先日愛機SP-550UZ用のワイドコンバージョンレンスの試用予約をしてきた。 x0.5か、抑えめでx0.66かで悩み中です。あぁ、広角欲すぃ。 ハッときてギョッとして カメラ:SP-550UZ、ISO:50、絞り優先、ブラケット:±1、ホワイトバランス:晴れ

シオマネキサンバ@西表島

おおよそ自分で調べた記憶もないのに、見た瞬間に「シオマネキだっ!」と確信した小動物。記憶の紐を辿るとそこには幼少のころに歌った詩が。 近寄ると巣に戻って撮らせてくれないために、おもっきしズームをきかせて撮影。後ろに水牛車があって、客観的に見るとかなりカオス。 小学校の思い出リフレイン カメラ:SP-550UZ、ISO:50、単射、ホワイトバランス:晴れ

太陽へのこいごころ@波照間島

はかなくも届かない恋慕。おらおめぇにはかなわねぇ。 素敵な花や緑や子供をつくってやっからな。 僕らの壮麗なお父さんとお母さんに感謝。 元気玉 カメラ:SP-550UZ、ISO:50、絞り優先、単射、ホワイトバランス:晴れ

アクアシューズでざぶざぶと@石垣島

社会人になると2人の時間が取れない事が多くなってまいります。働きマンもひとごとじゃござんせん。 会えぬのなら見てやろうという事で、過去の写真をこまごまいじっておりました。あまり人物を撮るのが好みではないでのすが2、3発見、改築、改造、お披露目。 余計愛しくなるワナ カメラ:SP-550UZ、ISO:50、絞り優先、単射、ホワイトバランス:晴れ

モコモコな木々@石垣島

もっこもこ。 モ○ゾー前身 カメラ:SP-550UZ、ISO:50、絞り優先、ブラケット:±1、ホワイトバランス:晴れ

ヤギの鳴くさま@波照間島

英語では、鳥は「歌う」のだそうだけど、日本語は「鳴く」または「さえずる」という。ヤギはどう形容するのだろうか。何回聞いても、カタカナで「メー」と言っているようにしか聞こえない。オノマトペでもなく、擬人でもなく、間違いなく「メー」なのだ。 試しにこちらもメーというと明らかに反応してくる。メーメー合戦in波照間島。傍から見れば、なんと気の毒な光景だろう。 それ以来メーが抜けない。近しい人も抜けない。抜くつもりもない人生。 メ〜〜〜ェ〜ヘヘヘ 鳥は歌い、ヤギは鳴く 貰い物の画像のため設定わからず。nikon D80にて撮影。

ヤドカリ@黒島

間近で見ると、とてつもなく可愛いん。宿を借りるというか、むしろ強奪をしているシーンに出くわして、人間社会のヒエラルキーを垣間見ました。 波打ち際にえっちらおっちら歩く姿、波に無抵抗にさらわれる様がキュートにハニー。疲れたので寝ます。コンパクトデジカメは構造上、絞りの設定を変えてもなかなかボケのある写真になりにくいらしいが、根性いれるとなんとかなります。ちなみに絞り2.8のマクロで撮影。 飛び立てヤドカリ。 トレーラーハウスへの居住を真剣に考える カメラ:SP-550UZ、ISO:50、絞り優先、単射、ホワイトバランス:晴れ

« 前の10件  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20  21  22