HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


HDRなモノタチ

ホテル前の噴水@京都

仕事で京都に行ったときにしぶしぶ撮ったもの。 水の流れがキレイ。ライトがすばらし。おんもすれ。同行者が熊のような社長とじゃなければもっと楽しい。 小雨模様心模様

迷子の迷子の@池袋

この手前の鳥のオブジェがね、風でゆら〜りゆらり動いているのですよ。それがいい具合に写り込んだ。 フロイトだったか誰か、尖ったものは往々にして男性器の象徴であると。夢に出てくるそのようなものは、大体それに置き換えると説明しやすくなるそうなんですよね。 おおよそ昨今?に流行りだした占いや心理ゲームというものはフロイト心理学を参考にして作られているらしく。 半世紀前の論文がひっくり返されて、現代版に姿を変えてその根を下ろす哲学、群がるパンピー。ダンスせにゃ損だ。 ダンコンだろやっぱり

工事中のビル@新宿

愛機D40のローパスにゴミが入ったので、清掃にNikonカスタマーサポートに行ってきました。それの隣にあったビル。 ついでに都庁の夜景がキレイらしいと足を伸ばしたのだが、周りは全部コリアンニダニダアイヤーうるせぇ。ガラスはやっぱり指紋だらけ、屋外に出れる施設なし。またもご立腹。 ゴミの原因は、ズームの時の空気の混入や、シャッターから入るとの事でしたが、30分くらいのクリーニングで奇麗さっぱり、レタッチの必要が無くなってウキウキなのです。 でもあれやなぁ、夜撮影で30秒開きっ放しで50カットくらいはサクサク撮るから、再発の可能性あるなぁ。昼に転向かしら。 コレの設計者の茎は包まれている(断言

焼却炉?@池袋

む、なんかキてる。HDR合成ブームがプチ到来の予感。安売りしまくりでアップしまくりますMプレイ勃発。 最近夜のイイ雲に出会わないなぁ。もっと上を見て歩かなきゃ気付かんのだろうか。でも泣いてなんかないんだからねっ。 行雲流水

ダイアゴナル線路夜景@池袋

先日の変なおじさんに教えてもらったスポットから。 対角線レイアウトが最近好き。とりあえずズバっと通せば、なんかそれなりに見えてしまう。まさに私のような腕のエセフォターには最適である。広角以外だと何を撮ればいいのかも分からない迷子具合。マクロもやってみたいのだけど、レンズ沼にハマるのは本意ではないので手は出さないでおきたいうずうず。 精進使用人

線路夜景線路@池袋

池袋迷子中に撮ったカット。たぁのしぃ。 自分の手法では、雲が超重要。むしろ雲で誤摩化しのきかないような写真は撮れないのである。 ちょくちょくweb上で、ふとした街中でも「ハッ」とするような写真を撮っている方がいる。そういう人を見ると、なんか恥ずかしくなる。 んで、ふと思うに、いわゆる私達が使う「写真と呼ばれるモノ」は、すべからく何らかの商業的価値があるものだと感じる。もちろん自己満足で自分の子供を日々撮り続けている人もよいのだけど、それは本人以外にはあまり価値のないものだったりする。ダカフェさんなんかは、そのクオリティが高いから、商業レベルまで昇華し、人の目に触れたりするものだと思う。 何が言いたいかといいますと、街中でちょっとした奇麗なモノをピロリ〜ン♪と撮っている人たち。いや、街中はいいんですけど、観光名所とかでやってるひと。9割くらい。それ、見るに耐えませんからどいてください。 ごいん毎うえい

五百羅漢@川越

羅漢像たち。人が結構出入りしているので、なかなか思ったように撮れない。くそぅ。 もんのすげ早いブラケット撮影できるヤツだったらそんなに気にならないのだろうが、手持ちのD40は手動でシコシコ露出違いを設定しなければならない。でもそこが好きなのだけど。 先日知人がISOブラケットで撮影している事を知り、へーそんな手法もあるのだ、と覚えました。ただ、ISOの上の方はノイズが入りそうで、ちょっとヤな感じ。 男は露出で勝負

線路と夜景とラブホテル群@池袋

撮っている背面にずらーっとホテル群。行き交うカップル。寒空に不審にシャッターを切るカリスマ副業カメラマン。僕が女性なら、こういう人に惚れるなぁ。尽くしたいなぁ。 夜中の線路はイイ。人はいないし、電車も走らないから、橋が揺れない。シャッター開き甲斐があるってもんですよ。股なんて開いている場合じゃないっすよ。 そして俺は迷子

西口にて@新宿駅前

車道をおもくそ横切り、おおよそ歩道でないところに足を踏み入れ、周りのゴミの多さにいらだち、軽快にシャッターを押してきました。その後ろに家なき子さんがつつじの森の中で寝ていました。 おおよそ普通の人は入り込まないところに足を踏み入れると、おいしい景色に恵まれる事がある。それでも3割打者くらいであるが、無駄足を食ったぶん、報われるゥ達成されるゥ。 夏はモスキート天国

屋上のさらに上の給水塔夜景@大塚

とあるサイトで、「夜景を撮らせてもらう場合は、ビルオーナーの許可を取らなければ入ってはいけない」 とありました。 ごもっとも。今後は私も許可を取ることにします。拒否されたらそれはもう強行になるのですけどね。 いつだってやんちゃ盛り

« 前の10件  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35  36  37   38   39