HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


HDRなモノタチ

対角線ぶったぎり線路@米原駅

ちょっと前の福井帰省の際。 特に鉄道マニアとかではなくむしろ全然興味が無い分野なのだけど、何故か撮ってしまう線路。 しゅっしゅっぽっぽっ

不法侵入から線路@渋谷

背後では ちゅうぅ〜ごくぅ〜せぃ〜ふを〜追い出せ〜ぇ〜 と、熱心な方達の行列がありました。 俺はお前を追い出したい

越中島公園の周辺ぶらり1@月島東京

右手前に石像の蘊蓄が書いてあった気がするけどスルー。 好奇心があるのかないのか。どうなんだ、自分。 スタチゥ

越中島公園の周辺ぶらり2@月島東京

中央大橋にそびえ立つモノ。 被写体として面白い造形なのだが、どうにも収まりきらずアベシ クラクション鳴らされまくり

寺・神社3連発3rd@福井

今回の帰省中に撮影した中でイチバンの出来。あまりの出来映えに、レンダリングした瞬間トキめいて動悸が早くなったシロモノ。なんすかこの縄の質感。ありえねぇ。 屋根の反り、格子の作り、余念がない日本人の手仕事ってイイ。優しさと威厳がそこにあるようだ。 昨日少し思った。 自分の剥き出し感性の琴線に触れる風景(コレが難しいのだが)を、近代テクノロジー「カメラ」で、画像におさめるところに、なんかすげぇことになってるなぁ、現代、と。表現し放題だなぁと。 河井寛次郎さんが遺した言葉。 美はすべての人を愛している 美はすべての人に愛されたがつている 美はすべての人のものになりたがつて居る 美はモテモテなのです

寺・神社(狛犬)3連発2nd@福井

目線凛々しく、抱きついてる子供の表情がなんとも言えない風情を出している、我が田舎近所の八幡神社。 HDRは素敵な表情を実物以上に引き出してくれる。 威風堂々

寺・神社3連発1st@神奈川

田舎に帰る手段として、何故かレンタカーを借りて兄弟全員で帰ろうという。なんとも我がライフ初の兄弟団結っぷり。 で、レンタカーショップで長兄を待っていた時に、対面に八幡神社があったので、ふらっと撮ってきた。パースがイイ。木目がイイ。ぼかぁ幸せだなぁ。 疎遠を楽しむ兄弟柄じゃなかったのか

夕日と五百羅漢@川越

ニヤニヤ羅漢像のおやじたち。超楽しそう。 夕焼けの逆光をハレーションなしにズバっと仕上げられたので、これはこれで満足。木々に写り込んだ夕焼けのオレンジいとおかし。 no move no pain

ホテル前の噴水@京都

仕事で京都に行ったときにしぶしぶ撮ったもの。 水の流れがキレイ。ライトがすばらし。おんもすれ。同行者が熊のような社長とじゃなければもっと楽しい。 小雨模様心模様

迷子の迷子の@池袋

この手前の鳥のオブジェがね、風でゆら〜りゆらり動いているのですよ。それがいい具合に写り込んだ。 フロイトだったか誰か、尖ったものは往々にして男性器の象徴であると。夢に出てくるそのようなものは、大体それに置き換えると説明しやすくなるそうなんですよね。 おおよそ昨今?に流行りだした占いや心理ゲームというものはフロイト心理学を参考にして作られているらしく。 半世紀前の論文がひっくり返されて、現代版に姿を変えてその根を下ろす哲学、群がるパンピー。ダンスせにゃ損だ。 ダンコンだろやっぱり

« 前の10件  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34  35  36   37   38   39