HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


HDRなモノタチ

FULL BILL@阿佐ヶ谷

nonbeさん企画のFULL BILL、阿佐ヶ谷住宅でこんなんどうでしょう。 何せ東京なのだから、いたるところ、いや身近にも歴史的な建造物はあるはずなんです。それに気がつかず通り過ぎているのが少し悲しいな、と普段から思っていたので、こういった形で自分のアンテナが発信できるのはいいですね。共有も出来るし。

持ち運びが簡単なフラッグフレーム型ディフューザーを自作しました(たぶん世界最軽量)

800mm 四方のフラッグフレームディフューザー作ったので、各パーツの備忘と紹介。総重量273g、内訳は、 37g x 3(上左右枠) + 47g(下枠) + 50g(支柱) + 65g(クリスタルディフュージョンペーパー) 材料(外径 x 内径 x 長さ) 支柱:アルミパイプ ø10 x 8 x 500 1本 下枠:*アルミパイプ ø8 x 6 x 800 1本 左右枠:*カーボンパイプ ø8 x 6 x 800 2本 上枠:*カーボンパイプ ø8 x 6 x 800 1本 ネオジウム磁石:8mm x 5mm 4個 直角エルボ・磁石ジョイント用アルミパイプ:ø10 x 8 x 必要な長さ 寸切とカーボンを繋ぐアルミパイプ:ø6 x 4 x 必要な長さ 寸切ネジ:M4 x 40 3個 蝶ナット:M4 x 3個 紙留めクリップ:4個 鬼目ナット(支柱用):M4 1個 ワッシャー:適当 *厳密には穴の場所などでパイプの長さは1cmくらい前後する。 完成写真 ・ペーパはクリップで止めてる 各部位の拡大写真 ・左右枠と上枠 ・下枠と左右枠 ・支柱と下枠 色々試行錯誤してようやく完成。頑丈さを求めるなら各パイプをプラス 2mm してもいいかも。どちらにしても軽過ぎて屋外では使えないから注意。風吹いたらたぶん壊れる。しかしようやくキューブライトを卒業できたのが嬉しい。 作成に必要な商品を扱うショップ R/C Web Shop Kb(カーボンパイプ) http://shop-online.jp/kob/ マグネットジャパン(ネオジウム磁石) http://www.magfine.co.jp/magnetjapan/ あとはホームセンター探せば揃うはず。 作成参考サイト VIVO : 組立式アルミフラッグフレーム http://www.vivo-design.com/flag.html shindoのブログ http://shindo.exblog.jp/フラッグフレーム

gettyimages の Flickr collection 2011秋コレクションに・・・

さて、昨年末から参加してる gettyimages flickr collection、プロモか何かで映像が出来てました。3カット使用されてますがさてどれでしょうね〜。 でもお買い上げじゃないから売れてるわけじゃないんだぜシクシク。。。

企業は雇用条件にweb上のアクティビティ提出を必須にするべき

ずっと言ってるんだけど、履歴書を採用の窓口にするのはもう完全に時代遅れだ。あんな古くさいラブレターで心動く企業はメンヘラに違いないし、めちゃくちゃな要求をしてくるに相違ない。マジ勘弁。 ともかく企業は以下サイトいずれかの提出を必須にしたほうがよい。ぜったい色々エコ。 mixi facebook twitter flickr tumblr. google+ 各社ブログ オリジナルサイト それはインターネットが好きな人に有利だとか言う人だまらっしゃい。そんなコンサバ人要りません。素人でも一週間かければイチからサイトだって作れます。SNSなんて5分でできる。苦手に挑戦することを自分のアピールポイントに変換できないような人はそもそも人材として魅力に欠ける。 もちろん学歴・資格も重要だけど、これらの第一印象でスクリーンしてから改めて聞けばいいじゃない。なんでそんなことも分からんのだと不思議に思う。 そういう導線で、カヤックのワンクリック採用すばらしい。

軽いスプラッター@尾久

この子の本分は何だろう?

2012年1月のストックフォト売り上げ報告

2012年1月ストックフォト収入合計は$833。内訳はshutterstock:$485、fotolia:$114、iStockphoto:$3、PIXTA:$231、Dreamstime:0。お年玉かしら、あちこちでエクストラライセンスが。 いろいろブツ撮りを再開しようと、いまディフューザーを作ってるんですが、工作が楽し過ぎて手段が目的になりつつあって、嬉々として写真ができません。目指せ世界最軽量ディフューザーウッヒョー☆

お待たせしました、台所です。

街も名所もいいけどね。こういうのHDRするとたまらんち。自宅トイレ、玄関、など。エキスの塊だ。皆もじゃんじゃん晒すといいよ! こ、こっぱずかしいから仲間が欲しいわけじゃないんだからねっ!

はてなを見ろ。ユーザー増加で馬鹿になりつつある。このままではサービスはただのツールとしてステマに狩られるようになるだろう。気にいらぬ。一度に儲けようなどと代理店の思う壺だ

あれですね。ここ1年くらい、はてブ上位に「かんたんダイエット」「お手軽美容」「かんたんデザイン」「ゴシップ」などの占める割合が増えてきてる。分別ある人間なら選ぶはずのないエントリーが、まあよく上がってくる。なんでか。 ユーザー数が増えた = バカが増えた = 古参が去りつつある でだいたいあってる多分。他のサービスと比べてストイックな姿勢を貫いていたからこそ進行の波は穏やかだったけど、やはり逃れられない螺旋なのか。もっととんがってて欲しかったのになぁ。 そんなパンピーはサイバーに任せときゃいいのにと思う。

出会い頭ノックアウト@荒川

撮っちまった。

これは便利だgoogle先生に学ぶアイコン一括収納術

特にアイコンなどの小物に限った話ですが、仕様が変更されるのは日常茶飯なwebデザイン界隈のおはなし。 担当者がひとりのうちは、それほど問題なく作業が出来るのですが、後任の引き継ぎはたまったものじゃない。デザインラフはどこにあるのか、パーツはどこにあるのか、やっと psd みつけたと思ったらレイヤーぐちゃぐちゃでスライスないことしばしば。それだけでモチベーション下がるわ、時間くうわ。めんどいんですよね。 で、google先生の小物の収納具合を見てプチ感動しました。というよりこれでいいのか世界のgoogle。以下 google analytics と google+ で使用されているアイコン群の画像。 リンク:analytics アイコン、+1 アイコン なんとcssで背景ずらしてるだけで、すべて1枚画像にまとめているスマートさ。その左下の棒グラフは何故。そこにシビれ(ry こうやって収納されてるとメンテも楽だし、過去バージョンも同居させとけば系譜も分かりやすい。まさかマスユーザーはこんなとこ覗かないだろうし、よほど変な画像を入れない限りは企業としてのクレジットにもひびかないでしょうし。 ということで、小物は一括して1枚画像にモリモリ放り込んじゃいましょうさ。助かります。俺。同業の方。そういえばアップルもかつてはこんなの(いつリンク切れるか分かりません)使ってましたね・・・・

« 前の10件  1   2   3   4   5   6   7   8  9  10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39