HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


ことばのお仕事

ことばのお仕事

「我々は、あー、国民の、皆様の、おー、健康を、第一に考えて、えー、おります。」
街頭演説している候補者の表情が、刹那曇った。

2年前、『国民の生活が第一党』という『いま売れています』みたいな党が結成された。そのため、演説から、国民の〜で始まる文章が出ると、聴衆も演説者も、どこかでその党を意識してしまう現象が今も続いている。

口にすると改めて気付くが、言葉の力はすごい。その単語が口から出た瞬間、警戒する小動物のように眉間が痙攣したり、目が泳いだり、ひどいのになると、どもりはじめて汗を吹き出させる候補者もいた。一番肝心な、対象を呼びかける言葉の調子がこれじゃ、国民に届かないのも無理はない。

おおよそ選挙演説とは、選挙権をもつ国民全体を口説くため、件の単語無しにはなかなか成立しにくい性質を含んでいる。代替単語を使えればいいのだろうが、なかなかそうもいかない。日本国の〜、平民の〜、市民の〜、など、しかし、いずれもピントを外している。党名を作った人はコピーライターでも食べていけそうだと思った。

演説の様子が YouTube やニコニコ動画などの動画サイトにたくさんアップされ、世界から笑い者にされているくらいだが、僕の好きだった落語家は、「バカな話題がニュースになるくらい平和なんですよ、今の日本は。いいことなんです。」と言っていた。

その翌年、『増税に反対する党』という『ロッカーに猫の死体を入れないでください』みたいな名称の党が届け出された際、総務省は党名のレギュレーション見直しを計り、それ以降、有権者の代名詞・具体的な政策名を含む党名は禁止になったが、初代は特例として維持可、という措置になっているようだ。

そうそう、『国民の生活が第一党』のネーミングセンスが、今年のイグ・ノーベル賞にノミネートされました。

コンコンコン。おや、こんな夜更けに誰だろう。

コメント: 2

CBS St. Louis abuses a picture and refuses complains

CBS St. Louis abuses a picture and refuses complains

Here's my photograph via gettyimages and abused photo on CBS St. Louis's article.

I sent an e-mail to localcontactus@cbs.com on 08/July/12, left a comment on 18/July/12 but still no repsponses so I treat they leave this on purpose. Here is a log for.

What I want is

  • Pay ASAP through gettyimages.(I will delete this complain)
  • If can't afford to, delete the article.(I will leave this complain but correct)

Please. That photo is authorized strictly. If you want to use similar image, find free one.

コメント: 3

ロードバイクのパーツ配色シミュレータ作ったー

ロードバイクのパーツ配色シミュレータ作ったー

ロードバイクのパーツって色のバリエーション豊富なんだけど、結構お値段するし、いざ装着した時に配色が悪いとスゴク残念な気持ちになる。あれいくない。
ということで、事前にある程度配色のアタリが付けられるシミュレータを作りました(要 IE9 以上)。いまのところ、フレーム、フォーク、ステム、シート、シートポスト、タイヤ、ホイール、ブラケットカバー、バーテープ、の色がカスタマイズ可能。

以下、サイト制作の備忘兼お役に立てば。

canvas で描画された画像を pngファイルとして保存する流れ

canvas への描画について

イラストレータなどでベクター作成 -> svg 出力 -> 以下サイトのコンバーターで Javascript化

パーツ毎に上記 Javascript化して関数化、色をピックアップするたびに全部再描画する。

var canvas = document.getElementById('canvas_id'); var ctx = canvas.getContext('2d'); function draw_bike(){ draw_tire(ctx,color); draw_wheel(ctx,color); draw_frame(ctx,color); . . . } var draw_tire = function(ctx,color) {...} var draw_wheel = function(ctx,color) {...} var draw_frame = function(ctx,color) {...} . . .

canvas で描画された画像を pngデータ化 -> png画像ファイルとして保存 の流れ

Javascript 側

var canvas = document.getElementById('canvas_id'); // toDataURL()メソッドで canvas に描画された画像を pngデータに変換 var dataURL = canvas.toDataURL('image/png');

php 側

// pngデータの文頭 data:image/png;base64,… の22桁は不要なのでトル // hash値などユニークなファイル名をつけて base64_decode()メソッドで png画像に変換、保存 $bike_picture_data = substr_replace($dataURL, '', 0, 22); $fp = fopen('path_to_png_images/'. $unique_file_name . '.png',w); fwrite($fp,base64_decode($bike_picture_data)); fclose($fp);

変数を含むページで Smarty のキャッシュを利用する方法

$variables= $_GET['xxxx']; $smarty -> display("index.tpl",$variables);

GET から得た値をまんま使うと不具合があるので、あり得ない文字数が入力されたらエラーページに飛ばすなど何らかの前処理は必須。

手探りグリグリなのでもっと要領いい方法あったら是非教えてください・・・っ

コメント: 0

« 前の3件  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71  72  73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   201   202   203   204   205   206   207   208   209   210   211   212   213   214   215   216   217   218   219   220   221   222   223   224   225   226   227   228   229   230   231   232   233   234   235   236   237   238   239   240   241   242   243   244   245   246   247   248   249   250   251   252   253   254   255   256   257   258   259   260   261   262   263   264   265   266   267   268   269   270   271   272   273   274   275   276   277   278   279   280   281   282   283   284   285   286   287   288   289   290   291   292   293   294   295   296   297   298   299   300   301   302   303   304   305   306   307   308   309   310   311   312   313   314   315   316   317   318   319   320   321   322   323   324   325   326   327   328   329   330   331   332   333   334