HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


HDRなトコロタチ

ごちゃっと飲食店が並ぶ通り@三軒茶屋

4年ほど前に三茶に住んでました。ちろっと。2LDKを3人で、時に5人くらいで。久々にこの通りを歩いてきましたが、なんも変わらんですね。

カーブミラー@中目黒

この子の名称はカーブミラーであってるのかな。カーブ無いけど。あ、それともミラーが曲がってるからカーブなのか。 今月は拡張ライセンスでちょこちょこ売れているストックフォト、過去最高値を更新しそうな勢いマンモスうれぴー。

秋の夜長に散歩@恵比寿

サクサク快適なMacライフがこれほど重要だとは思いませんでした(中毒

いびつに歩道橋@目黒

肌寒くなりまして、mp3プレーヤーを携帯しやすい季節になってきました。「寒い + ヘッドフォン音楽 + 三脚撮影」の楽しさは異常。あれはヤバいよ。ヤバいよ。

スパムコメントはやめてくれませんか横山直広さん

人のサイトへ無粋に入り込む業者は、気分が悪いです。バックリンク欲しいならメールでご相談ください。 スパムコメンターとして(横山直広さんがやったのか、雇ったのかは知りませんが)情報晒しますね。 名前:横山直広 会社:有限会社Catch the Web mail:mobile@nao-business.com mail2:contact@catch-the-web.com 年収1000万もあるなら、こんな小さいサイトからリンクなんて要らないでしょうに。かしこみかしこみ。野垂れ死んでいいと思いますよ。

Aoyuzu虹環@恵比寿

コレ撮ってるときに気付いたんですけど、ファインダー覗かなくても裸眼で光源の周りに虹環が見えるんです。これレーシックのせいなのかな。ノーマル眼球の方、教えてください。

CA4LA@代官山

稀代の帽子が似合わないスタイルにて、CA4LAの豊富なラインナップでも似合う帽子が見当たらない。もう麦わら帽子でいいんじゃないかと途方に暮れるゴムゴムのバズーカ。

なんかもうPhotoshopCS5がエラいことになってる件

んまー、どうしましょう。

ピンクピンク東京タワー☆@赤羽橋

とりあえずピンクだということで行ってきました。が、環境があまりかんばしくなく、「カップル・カップル・カップル・三脚猛者・カップル・毛唐」の最強ラインナップで、ビクンビクンしながら隅っこで撮ってきました。な〜んかHDRerっぽいのもいましたけど声かけれませんてアレは。 トリミングしたら面白くなったので、南蛮人向けにFlickrにアげました。

ストックフォト9月分の収入公開と採用されるためのコツ

fotoliaが$196、dreamstime$9、iStockphoto$5、shutterstock$95、PIXTA$75の合計$380でした。ここ2ヶ月はほとんどストック数を増やしていませんが安定しています。どこか落とし穴がありそうでドキドキです。 ストックフォトにてリジェクトされる要因 最近「初回の申請で落とされてしまい、アカウント登録すらできない」方を多く見かけますので、まずは販売登録されるために必要なストックフォトの基本的な知識の説明をします。 よくあるリジェクト理由に、Limited commercial value due to framing, cropping, and/or composition.(トリミング、フレーミング、構図が営利目的に適していません)がありますが、以下の画像例をもとに考えてみましょう。 "写真"と"ストックフォト写真"は構図の概念が違う 上の写真はshutterstockにてリジェクトされる代表的な例です。露出は適正ですし、良い青空だし、いわゆる"写真的な構図"としては何の問題もありません。ただ、重要なのは、購入する側は大方"コピースペース"、"トリミング"などの"簡単な加工"を求めるということです。上記の「山・線路・風景」の要素だと、平凡な景色でもかまわないので、以下のようにきっちり水平出ししてある画像で、汎用性のある構図が好まれます。 極端なことを言えば、荒木経惟さんや木村伊兵衛さんなどの流通している写真集の写真は、ストックフォトとしての価値はゼロです。あと、私がこのサイトに載せているようなHDRもまず売れません(審査にすら通らない)。参考までに私のshutterstockをどうぞ。 その他意識すること 濃い影を作らない 周辺減光による四隅の黒ずみは必ず除去 光量不足かどうかをヒストグラムにてチェック これらをきっちり遵守すれば、そうそうリジェクトされることはありません。 参考になる本 PIXTAが発行している「写真で稼ごう ~ストックフォトサービス ピクスタが教える写真をお金にかえる方法~」、先日読みましたが、基本的なことがしっかりおさえてあり、実際に2パターンの写真を提示して、それぞれがどれだけ売り上げているかの例も掲載されており、ウムウムと勉強するところもあります。おすすめです。 んまぁ、偉そうに言えるほど売り上げもないんですけど。おいらもストックフォトにチャレンジしてみるぜ!という方はこちらをご覧ください。

« 前の10件  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26  27  28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63