HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


HDRなトコロタチ

深夜の歩道橋@中目黒

しみじみ。

レストランのテラスより@ベイクォーター横浜

この暖房、好きです。

東京タワー@某ビル屋上

かたくなに「単焦点の撮影&換えレンズは持ち歩かない」を通していますが、たまに、「ズームだったらもっと構図遊べたなぁ・・・」と思う事もあります。 そんな苦い経験もありながら今回は久しぶりの改心の一撃。歩いた。寄った。20mmジャスト!この瞬間がたまらんのです。

ストックフォトの稼ぎ内訳11月分

先月11月のストックフォトの稼ぎです。 fotolia:$2.91、dreamstime:$4.12、istockphoto:$3.85、shutterstock:$38.92の合計$49.8。 先月中ごろに5枚ほどストックを増やしました。ずーっと各社で定期的に売れているのは夜景ですね。コレ、コレ、コレ、など。 夜景HDRは必然的にディテールコントラストが光と影にクッキリ別れるので、かっちりまとまった風に仕上げれる。だから審査にも通りやすいようです(本当は雲をドロドロに表現したいのですがそれだと審査に通らない)。昼のHDRはホワイトバランスも難しいし、なかなか審査に通らない・・・ んでもって色気出して夜景撮ろうとすると今日の画像みたく上手くいかない。やきもき。 ストックフォトとはなんぞやという方はこちらをどうぞ。

HDR写真コンテスト詳細

先日お伝えしたHDRフォトコンですが、オンライン上の募集要項では説明不足だったところを聞き、返事が来ましたので公開します。 個人の肖像権・企業ロゴが入る絵を使用してもよいか? 撮影する被写体の肖像権に関しては、応募者の方で了解を得てください。撮影した人物の肖像権については、編集部ならびに学研では、一切責任を負いかねます。 キャラクターなどを使用した作品は、著作権の関係で掲載できないことがあります。 ディズニーは絶対避ける。 ひとり何作品までの応募が可能か? 複数枚の応募も可ですが、5枚までを目安として下さい。 とのことです。 え〜と、応募しようとしてたヤツにパチもんのミッ●ーが小さく写っているのですが、これもダメなのかな・・・・ 写真は横浜ランドマークタワー展望台スカイラウンジより。ここの素晴らしいところは、撮影用か双眼鏡用だかの暗幕コーナーがあって、屋内の写り込みをカットできる場所があること。入場料1000円だけど、行く価値アリ。ブラケット撮影の場合は単身でどうぞ☆

ファンフェアー@みなとみらい

横浜は東京ほどビル群が続かないから、建築と空のヌケが良い。 ファンフェアー(funfair)としたのは、移動式なくらい小さく、雰囲気が似ていたことから。先日の船の真裏にあった。

写真を売るということ、買うということ

以前フォトグラファーの方に「ストックフォトに興味がありますか?」とお聞きしたところ、 「アレは安価に大量に発行する仕組みだから、あまりウェルカムな業態ではない。目先の小銭のために自分たちの首を絞めているようなものだ。」 と言われたことがあります。なるほど、一理ある。デジタル化のしわ寄せも確かにあるのでしょう。ですが、例えば企業の中でどういう風に使われているのかを想像しますと、 「部下」:課長!今度わが社で、「そーしゃるねっとわーくさいと」というものを立ち上げたいのですが! 「課長」:ほう、どういう機能とモデルなの? 「部下」:はい!リアルの友人間の結びつきから始め、共通の知り合いから疎遠な知り合いまで、気兼ねなく近況を知り合え、ゆくゆくは日本のインフラにまで登りつめるwebサービスにする予定です!収入モデルは、overtureやAdsense、多種の企業広告を掲載し、自意識過剰なアホユーザーにクリックさせる算段です!メインになるであろう機能は足あt 「課長」:ほう、わぁった。薀蓄はいいから、どんなイメージかまず見せてよ。 「部下」:はい!男女が飛び跳ね、仲良さそうにしているこんなトップページを構想しています! 「課長」:はぁ?こんなん流行るワケないだろ。おまえアホか。 こんなイメージ見ても全然ピンと来ませんよね。ですから、近いイメージを探すのです。例えばshutterstockで「woman grassland」と検索すれば、それなりの写真が見つかります。で、これをイメージにハメ込みます。 「部下」:・・・ハハハ、先ほどのイメージは冗談でして、実はこちらが本物です! 「課長」:本物とか意味わかんねぇよ、いいから見せろ。 「部下」:じゃーん! 「課長」:じゃーんとかmjウゼー。・・・けど、良い絵面だな。よし、詳しいMTGをするから、明日までに資料まとめとけ。 「部下」:はい!それと課長、社名のイー・マーキ・・・・ こういった流れの後、イメージを詳細まで合致させるべくフォトグラファーへ依頼し、ワンオフの仕事が発生するのはごく自然な流れに見えます。 なので、私が思うには、冒頭のような理由からプロフォトグラファーの地位や収入が下がるわけではなく、むしろ仕事が増えるのではないかと思っています。世界が不況に陥っている中でも、街中の紙広告は一向に減ることを知らず、うなぎのぼりではありませんか。 私が罪悪感無く利用する言い訳の巻でした。 ストックフォトについて興味があるかた方は、こちらにまとめた記事がありますので、参考にどうぞご覧ください。

早朝散歩@中目黒

肌寒い季節です。外に出るのも憚られがちなのに、何故かシャッターが進む君。去年も極寒の中よく出歩いてた。 時に、ベターな環境はクリエイティビティを下げるのだなと私感する次第。

HDR写真コンテスト開催

HDR写真コンテスト開催(*゚∀゚)キター!大賞はDP-1。 うん。欲しいぞ。

早朝裏庭の墓石@中目黒

最近昼夜逆転生活になってしまっている折。

« 前の10件  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44  45  46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63