HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


HDRなトコロタチ

屋上を見上げる@テレコムセンタービル

壮観です。 神社・寺のようなノスタルジも好きですが、こういった近代建築のHDR映えもとても面白いです。あっちもこっちも手出し過ぎててんやわんや。

魚眼を手にした者に襲いかかる次へのステップ

非常に葛藤中です。踏ん切りがついたらお知らせします。あぁ〜オリオン座がきれいだぁ〜(現実逃避

周明@代官山

載せたい写真はたくさんあるのに文章ネタがない為にてぐすねをひく昨今です。サイトの構造を誤ったか。 ふとD700の枚数カウンターを見ると1万5000枚越え。まだ買ってから半年しか経ってないのに・・・ HDRショットは諸刃の剣。

OLYMPUSのアノ名機がコンデジ化!

という噂です。あ、待って、帰らないで。 又聞きなので詳しいことはいえませんが、かなり確かな筋の情報です。スペック・特徴としては、 レンズ交換式コンデジ(革命キター!) やたらデカい(OLYMPUSなのに!) ということしか分かりませんが、明らかにRICOHのGR、SIGMAのDP-1あたりの「コンデジだけどこんなにキレイに撮れちゃう系」を意識したラインであることは確かなようです。すると価格も5万前後に設定してくるのではないかと予測。ボディが大きいのはひょっとして4/3型 LiveMOS(OLYMPUS一眼用撮像素子)を搭載してくるのか・・・・っ!LUMIXユーザーを巻き込む気か・・・っ! OLYMPUSといえば、宮崎あおいさんとリリー・フランキーさんが共演している素敵な製品カタログ(むしろ写真集)を作っていることで有名ですが、今回もズバリその線でくるでしょう!しかも広角で!むしろ宮崎あおいさんで(個人的羨望 アホみたいな小型化と画素数競争は止めて、新しい境地へと向かう業界に期待が膨らみます。カメラなんて所詮自己満足比率が大きな世界なので、自ら軽度な束縛を作ったほうが陶酔感は増すと個人的には思います(三脚担いでぜぇぜぇした方が楽しい)。誓約と制約byクラピカ。 特に女子の皆さん、見た目面積比でアンバランスなくらいのカメラを持ってる方がファッショナブルだと思います。極小コンデジなんぞ捨てて、いっそハッセルブラッドをおなかに抱えたまま外出してくださいドキュン。 ぐーわーぁー可愛すぎる。ついでにストーリー構成も演出も完璧!2回見て気付け、男児の表情。 ついでにコアオリンパスユーザーの知人も紹介しておきます。 東京下町女子カメラブログkamecamera

恵比寿銀座@恵比寿

ノイズも味だー(ひらきなおり

RICOHがHDR機能を搭載したコンデジCX1を発表

画像処理エンジンと撮像素子の一新により高速連写が可能に。これにより、露出が異なる2枚の静止画を高速で連続撮影して、それぞれの適正露出部分を合成した画像を記録する「ダイナミックレンジダブルショットモード」の搭載を実現し、ダイナミックレンジを最大12EV相当まで拡大可能。人の目で見た印象と近い画像の記録が可能。 http://www.ricoh.co.jp/release/by_field/digital_camera/2009/0219.html ダイナミックダブルショットモードてw。どうなんろ?シャッターボタンは1回だけど、自動で2回露光するのかな?ともあれRICOH路線は応援したい。たっぷり売れておしまいなさい。そして1/2.3型素子では満足いかなくなったハングリーな輩がこちら側へとシフトしてくるのだクックック・・・ しかし、それ以外にもマルチパターン・オートホワイトバランスやら、120枚/秒やら、てんこもりな機能搭載ですが、どうなんでしょう。ヒトバシラー、ヒトバシラーさ~ん。

A氏・K氏・エトセトラ

先日に書いた構図の王道についてですが。荒木経惟さん、木村伊兵衛さんなどの風景写真はブっ飛んでますので、全く参考になりません。まるで両目がファインダーを覗いているような感覚に囚われます。なんと繊細で、綱渡りのような構図。そこが凄さなのでしょうけど、あぁもう、土下座。コレ書きながら御方の写真を想像反芻してたら涙出てきた。なんなんだちくしょー。

利き手利き足利きおめめ、風景構図の王道

カメラのファインダーを覗くとき、右目左目どちらを使いますか? シャッターを切るときに無意識に使っているその目が利き目らしいですね。私は右目なので、いわゆる多数派に属します。 で、利き目と構図の関係性ですが、私はファインダーを覗いたときに、左に大きな要素があると落ち着きます。多分ですが、利き目の違いで好みの傾向が若干見られるのではないかと最近思います。そして、閲覧側の好みもまたしかり。 もちろん言語的な要素も絡むだろうし、本能に近いところでも非意識化で判断しているのでしょうが、もし体系化できれば、右利き目の方が多い日本では、構図の王道というパターンが存在するのかもしれません。回転寿司が時計回りなのも右利き目用らしいですからね。 何もリサーチせずにだだ書きしましたので、指摘・叱咤などあれば是非に。コンデジだから利き目分かりませんとかはI don't care. 追記 試しに鏡面を作成してみましたが、うぇ、キモチ悪い。こんなシチュエーションはシャッター切らないな~。上と下、どちらが好きかでも利き目が関わってきそう。

フジテレビ vs 魚眼

byさかなクンview。 最近、撮影と音楽が非常にマッチするということを知りまして、真夜中にイヤホン付けて大音量、とてもイイ感じにアがっています。道路付近では音量を低めに設定しないと危ないですが、とてもおすすめです。 かけてるのはもっぱらPerfume。三脚ぶったてて「じ~しゃ~く~みたいに~☆」とか口ずさんでたら間違いなく私です。そっとしておいてください。

諸外国のHDRグラファーに対して

Flickrに出入りしていると、雄大な自然、無人の歴史的建造物や、抜けるような青空など、ありえない美しさでバンバンアップしているオーバーシーな方達がたくさんいらっしゃいます。 が、日本は日本でしっとりパキパキに仕上げることで、決して海外では作れない味の絵が作れるのですっ。 う、羨ましくなんかないんだからねっ!

« 前の10件  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39  40  41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63