HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


HDRなトコロタチ

RICOH CX1でHDRしてみました

相方が最近購入したので、借りてみました撮ってみました毎度墓場の図。 ノイズに関して ISO80で撮影しましたが、感覚としてはD700のISO400くらいかな〜。HDRにするとかなり容赦なくノイズが浮き出ます(掲載してるのはデノイズ処理済)。 オートホワイトバランスについて 緑色の描写がNikonより綺麗。全体的に赤みがかる(掲載してるのは補正してます)。 オートブラケットに関して ±0.5の3枚ショットしか撮れないので、コテコテのHDRerのサブ機としてはちょっと頼りない。 フリンジに関して それほど広角でもないのに、青フリンジが結構でます。HDRで仕上げると後処理が結構大変。 うん、HDRにすると、絵面が強調されて見えるので、コメントがしやすいです(アラ探しとも言う)。機体は近くにありますので、その他の部分について疑問・質問ある方はコメント下さい。

shutterstockの納税に関する書類(ITIN番号取得のための情報、送付先)

ストックフォトのshutterstockですが、日本在住で販売利益のある方に対して、以下2点、必要な手続きが増えました。 ITIN番号の取得(W-7) W-8BEN(アメリカ国外にて収益が生じている人向け証明書)の登録 2のW-8BENに関しては、今shutterstockがオンラインフォームを作成しているところなので、待ちです(後日報告します)。ですのでその前にまずITIN(Individual Taxpayer Identification Number)番号を取得します。作例をアップしましたので、必要な方はダウンロードして参考にして下さい。今回の作例は、 ITIN番号を持っていない人が(普通持ってません) 日本生まれ・日本育ちで 本人が申請をする(代理人申請も可能) という条件で作成しています。 必要書類・送付先 パスポートor運転免許証のコピー W-7書類 Internal Revenue Service Austin Service Center ITIN Operation P.O. Box 149342 Austin, TX 78714-9342 ITIN番号取得には、大体4〜6週間かかかるそうです。ちょっとめんどくさいですが、「これら手続きをしないと、7月から利益の30%をぶんどりますわよ」と言ってきているので仕方無い。はふん。。。 申請すれば、利益が減る事は無いそうです(日本在住の方は)。

Photoshop教則本にHDR写真を使用していただきました!

藤本圭さん著書の、Photoshop 10年使える逆引き手帖の「合成」コンテンツに私の写真を使用していただきました。 IT流通に自分の制作物が掲載される、というのは初めてで、感謝感激です。元データのダウンロードも可能なので、どうぞご利用ください。 お手伝いして、感じた事など 今回の出版に関して、藤本さんとは色々お話をさせていただいたのですが、感銘をしたのは、 「並んでいる本の背文字に、私の名前が載ってても仕方ないじゃないですか。」 と、帯の該当部分から氏名を削除して、代わりに、対応するPhotoshopのバージョンを記載したという経緯。とても小さな優しさだけど、幾多ある教則本の中から本当に役に立つ本を探している側からすれば、背文字は貴重な情報部分であるし、そういった部分への配慮は、見習わせていただくべきところだと思いました。 また、その配慮を踏襲するように、今まで私が見たPhotoshop教則本の中ではズバ抜けて親切な解説。オールカラー、アクション部分は全て対応番号でパっと見て分かる。こんなん製本側に回りたくねー!というくらい丁寧な説明。 本の内容、おすすめ具合 今までぐだぐだとアプリ使ってましたが、こんなこともできるのね!という情報がかなりあってプチショック。Photoshopはあるけど、ツールが多すぎて使えないんだよな〜、という方に最適。また、最初から自己流で使っている人にとって、基礎を学び返すうえでかなり重宝すると思います。基礎中の基礎が226コンテンツみっちり収録されています。以下の処理方法、パっと分かりますか? メインな被写体を保護して画像を一方向に拡大(CS4) 人肌のレタッチデータを別レイヤーに直接書き込む 人通りの多い複数枚の写真を合成して無人のモノに仕上げる(半自動) 人の顔の輪郭補正 レイヤーカンプを利用してプロセス毎に表示切り替え 肌に自然な立体感を加える えぇ、ただ私が全然使いこなしていなかっただけかも・・・ 27日現在、amazonではまだ予約受付ですが、各大型書店では販売されていますので、是非是非手に取ってみて下さい〜。 と、ちょっと前のダブアド。

GoogleのAd plannerとAnalyticsのデータを比較して誤差がどれくらいかを調べてみた

Google Ad Plannerが先日リリースされ、今までPVウソぶっこいてた企業が慌てふためいている昨今、お天道様は見ているのだなんだかなぁ。。。 ともあれ、私のサイトでどれくらいの精度なのかを、Analyticsのデータと比較してみました。 Analytics(09年4月データ):Ad Planner 【UU】 18,911:15,000 【PV】 67,301:140,000 【平均滞在時間】 2分45秒:4分10秒 【平均ページビュー 】 3.56:3 PVは過大評価されすぎてるけど、それ以外は別にそんなもんかー、と思います。むしろこんな矮小サイトの誤差をこれくらいに収めているのが凄い。トラフィックがもっと大きくなれば誤差も減りそうな予感。 ユーザー属性(Analyticsでは分からない部分) 読者の8割が男。男。男。年齢35〜44が6割。学位はバラバラ。世帯年収300万〜500万が7割。 この辺のデータってどうやって算出しているのか分からないけど、何となくあってそうで怖い。恐るべしgoogle先生。オレオレ、オレそれに該当します、アタシアタシ、アタシそれに該当しません、みたいな方は、検証がてらにコメント残していただけると参考になります。 ちなみに、ブログサービスの個別ユーザーは現時点では検出できないみたいです。色々見てみたいのに、残念。

シンメトリーヘプタベンチ@新宿御苑

先日のnonbeさんの一言がきっかけで、作ってみた。いやー、ヤバい。面白い。モリモリ。

【わらしべ長者】ミシェルゴンドリーのおニューDVD、MICHEL GONDRY 2と何かを交換しませんか

ごんどりみっちり堪能しましたので、どなたかに差し上げます。その代わり何か下さい。条件として2000円以上の価値があるもの。交換したい方はメールでその品の詳細をしるぶぷれ。当方のメルアドはxjrshimada[at]gmail.comです。また、私が気に入った品のみの先着一名なので、外れた方には返信しません。交換決定しましたらこのエントリーにて告知します。よろしくお願いします。 ご希望の場合は、お持ちのサイトへのリンクも貼らせていただきます。 何せ本体$17.95、輸送費$25なんて理系にあるまじき清水寺的な買い物をしてしまった罪悪感と、買いたいけど戸惑っている方へのニーズマッチング。新品同様ピカピカです。ウィンウィンしましょうぜ。 中古でわらしべ長者なんかいやだい!という方は下記本家よりどぞ。 あ、リージョンフリー、NTSCなので、国内の汎用再生機でも大丈夫だと思いますが購入は自己責任で。Macでは問題なく再生できました。 http://www.michelgondry.com/ MICHEL GONDRY2収録ミュージシャン MICHEAL ANDREWS FT.GARY JULES PAUL MCCARTONY THOMAS DOLBY BJORK STERIOGRAM THE WILLOWZ BECK THE WHITE STRIPES DONALD FAGEN CODY CHESNUTT SINEAD O'CONNOR QUEEN WITH WYCLEF JEAN FT. PRAS & FREE RADIOHEAD DICK ANNEGARN SANANDA MAITREYA SHERYL CROW THE BLACK CROWES LEAFBIRDS THE ROLLING STONES ENERGY ORCHARD

ぐったり脱力ショット@中目黒

明け方、漫画喫茶の帰り道。インド料理屋だっけかな。名前忘れちた。

ゴーゴーカレー食べてきました@高田馬場

最近メディアにチラチラと露出してるのを見かけ、足を運んできました。 何を隠そう私は元金沢市民。チャンピオンカレーは週1で食べていた完全ジャンキーなのです。久しぶりに食べましたが、しっかりと味は踏襲されているようで何より。 一時期、働いていたバー全体がチャンカレ中毒に陥り、営業中にパシらされ、お客さんを巻き込み、店内をカレー臭くしたものでした。懐かしき金工大前。 食べてみようかなという方へ マトモな味覚の持ち主であれば、初めて食べて「美味しい!」とは思いません。むしろ美味しいなんて言ったヤツは広告に流されやすい、自分の舌を持っていないチキン野郎です。踏み絵的にご利用ください。 週に2〜3回食べると、常習性が生じ始めます。ご利用は用法・容量を守って正しくお通いください。 ゴーゴーカレー店舗一覧

コシナ、F1.1のNOKTON50mmを発表

ノクトン50mm F1.1 F1.1つーと1.4からさらに2段開放できるのか。ISO800くらいにすれば真夜中の田舎でも振り回し放題だなぁ。 ハイスピードレンズといえば、かのスタンリーキューブリックがカールツァイス・プラナーのF0.7を使用したバリー・リンドンを撮影したというモノなども有名ですが、果たしてどんな絵が撮れることやら。ZFマウント作ってくれたら是非試し撃ちに行ってみたい。

新宿練り歩き大宗寺@平日

「東京は浮浪者とウェブ系の区別が付かない」 ズキュンときた。と同時にドキっとした。 この一週間、夜な夜なアニメ三昧・写真加工→夜が明けてそのまま散歩→大きな公園に行って昼寝、というサイクル。もはやジャージ姿で三脚担いで山手線に乗る事も新宿のど真ん中を練り歩く事も日常化してきています。 昨日の御苑は気持ちよかったぁ〜。

« 前の10件  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34  35  36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63