HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


HDRなトコロタチ

下り坂にカーブミラー@中目黒

ちょっと新しいレンズの実験中です。。。 SIGMAの20mm単焦点に乗り換えました。F1.8という数字がなんとも魅力的で、今後はコレをメインにしていく心づもりであります。DGというところに未来を懸けて(散財予告・・・ んがくく

ハメました@東京ビッグサイト前交差点

あぁ〜、こんなことしてる場合じゃない気がする・・・ そうそう、HDRiな生活モバイル版βを公開しました。HDR写真てモバイルニーズがあるのか甚だ疑問ではありますが気にしない。

南禅寺内、琵琶湖疏水@京都

だ〜いぶ前に撮った。そろそろ視点の切り替えが必要か、新しい機材へ浮気する時か。

水面を舐めるように松@浜離宮恩賜庭園

庭師、すげぇ。

googlemapも凄いのですが、ロケーションビューも相当ヤバいです

巷ではgooglemapのストリートビューが騒がれていますが、ロケーションビューも結構凄いです。 ゲストログインで地図を見れますが、googlemapにはない、マウスホイールでのシームレス移動が可能です。もちろん都内のみですが。 プラグイン選択制や、UIこそ散らかっているものの、人類史上No.1の成長率を誇る会社の資本力に比べれば、ボウフラみたいな資金でよくここまでのモノが作れたものだと感心します。余程スーツとギークの連携がとれてないと、こんなん作れないよ。 ただ、皆で「ココにコレがあってな〜」やいのやいのというアドレス張りっこができないのがlocationviewの残念なところ。googlemapはこんなふうに手軽に共有できちゃう。 で、今日の写真の撮影場所を探して比較してみました。locationviewはものすごい広角なので、収差が大きい。ただ写真のクオリティはgooglemapに軍配があがるところ・・・ カメラ(or携帯電話)とGPSを連携して、即座に撮影した位置情報がこういったストリートビューで展開できると、待ち合わせの際、例の男女における地理感覚表現の違いでモメることもなくなるのでしょうね。フムフム。 追記1:写真の「googlemap」にスペルミスがありますが気にしないで下さい。ごみん。 追記2:niさんのコメントにより、locationviewでもURLを貼れることが発覚しました。再度すみませぬ。

季節外れの藤の花@浜離宮恩賜庭園

ただいまSIGMA10-20mm入院中です。。。

中目黒アトラスタワー工事中@中目黒

おとといのの昼版。日に日に出来上がってゆく様。でっかいなぁ。

クレーン@中目黒

最近、作業中に頭の中で「ビ・タ・ミ・ン・ドロップ☆」がリフレインしてやみません。

線路・駅・階段夜景@JR大崎駅

人って、大体3年くらいの周期で異性と付き合っていると思うのですよ(あくまで仮定)。 んで、その人たち、最初の一ヶ月くらいは「I'm on top of the world!!」みたいな、全てがバラ色モードになっているわけです。 確率で考えて、約1/1000(3年) x 30(無敵モード期間) = 3% 東京に住んでると、日々の出退勤で1〜2000人の人とすれ違っているので、おおよそ3〜60人幸福絶頂期の人がいるわけです。 くだりが長くなりましたが、最近そういった人たちをカラーバスとして見つけ出すこととして意識してますが、意外とわかるもんです。 ニヤニヤしてる人、全身でウキウキしている人、信号待ちが楽しそうな人。 見ているだけでこちらも幸せになれる人たち。とりあえず、今日も会社に行ってみようか、と思える。 写真も人生も、切り取り方次第。精進するっす。

ハイウエイ@東京国際展示場前

結構な危険を侵して撮ってます。明らかに後ろから感じる視線。やめらんねぇ。

« 前の10件  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49  50  51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63